コンビニで販売されている食品の定番中の定番であるパン。最近は多くのコンビニがPB(プライベートブランド)でパンを展開し、新商品も次々と登場する。バリエーションが豊富なので、毎日食べても飽きることなく楽しめるのがコンビニのパンの魅力だ。

 最近は使用する材料や製法にもこだわっており、独自のおいしさを追求している。このパン、一体どこのコンビニが一番おいしいのだろうか? そこで今月は、人気の高い食パン、チョコパン、チーズパン、ホットケーキの実食テストを敢行! 今回はパン対決の最後となる、ホットケーキ編をお届けする。

3商品の違いはパンの焼き色ぐらい!?

[画像のクリックで拡大表示]

 今回のコンビニ食品実食テストは、ホットケーキ対決。近ごろのパンケーキブームにも後押しされて人気が高いというホットケーキだが、コンビニで販売されているものはメープルシロップとマーガリンを挟んだホットケーキサンドになっている点が特徴だ。手軽に味わえるように工夫されており、さらにこのホットケーサンドが2個入りというお得感も見逃せない。

 このホットケーキを買い集め、味香り戦略研究所による味覚分析と、食のプロによる実食テストでおいしさを徹底比較して、ランキングを決定する。隠れた人気商品、ホットケーキで一番おいしいのはどこのコンビニだろうか?

 実食するのは以下の3商品。

●セブン-イレブン「メープル&マーガリン もちふわパンケーキ」(93円)
●ローソン「ふんわりとしたホットケーキ(メープル&発酵バター入りホイップ)」(116円)
●ファミリーマート「もちっとホットケーキ(メープル&マーガリン)」(100円)

 3商品とも商品内容に大きな差はない。薄作りのホットケーキでメープルシロップとマーガリンをサンドしてある。ローソンだけが「発酵バター入りホイップ」とパッケージに記載しており、そのためだろうか価格が最も高く、一番安いセブン-イレブンとは税込み価格で25円の差がある。ホットケーキの食感については、ローソンとファミリーマートが「ふんわり」と「もちっと」で対照的。セブン-イレブンはその中間の「もちふわ」をウリにしているようだ。

 見た目の形状もほとんど同じだが、ホットケーキの焼き色が3商品で若干異なる。ローソンは焼き色が薄く、ふんわり感が伝わってくる。ファミリ-マートは焼き色が一番濃いので、香ばしいことが予想できる。セブン-イレブンは、両者の中間でなじみのあるキツネ色だ。

セブン-イレブン
「メープル&マーガリン もちふわパンケーキ」
もちもち&ふんわり食感のパンケーキを使用。しっとりした印象に仕上げている。価格は3商品の中で一番安く、税込み100円。1個あたりのカロリーは219kcal、Na量283mg
[画像のクリックで拡大表示]
ローソン
「ふんわりとしたホットケーキ(メープル&発酵バター入りホイップ)」
ふんわりとした食感のホットケーキで、ホイップ状のバター入りマーガリンをサンド。生地も中身もふんわり感が特徴の作りになっている。税込み価格125円。1個あたりのカロリー184kcal、Na量215mg
[画像のクリックで拡大表示]
ファミリーマート
「もちっとホットケーキ(メープル&マーガリン)」
口溶けのよい、もっちりとした食感のホットケーキを使用。3商品の中で焼き色が一番濃く、見た目から香ばしい様子が伝わってくる。税込み価格は108円。1個あたりのカロリーは196kcal、Na量241mg
[画像のクリックで拡大表示]

 ホットケーキの食感と焼き加減の違い、発酵バターの有無は、味にどのような影響を及ぼすのだろうか? それでは早速、味覚分析や実食テストの結果を見ていこう。