[画像のクリックで拡大表示]
「いちどにありがとう28ブルー標準CLIP-24個にストロングCLIP4個」2890円
[画像のクリックで拡大表示]

 片手で付け外しができ、ぬれたジーンズなど重いものもかけられる物干しハンガー「いちどにありがとう28」が好調だ。発売元のImage Craft(岐阜県美濃加茂市)の廣瀬玲子氏は「男性からの反響が大きく、家事の負担が減るので妻にプレゼントしたい、子どもと一緒に自分も使いたいなど積極的に家事へ参加する声が届いています」と話す。

 物干しハンガーの「いちどにありがとう」シリーズは、干すときは洗濯物をクリップ(一般的な洗濯バサミ部分)に片手ではさめて、外すときは「開放レバー」で一気に取れるのが特徴だ。従来品の半分以下の力でクリップを動かせるので、手先の力が弱い高齢者や子どもも使いやすいという。さらにクリップ部分は取り外しが可能で、スペアーのクリップのみの販売もしているので、クリップが摩耗した場合にも本体を使い続けられる。長時間、日光や雨、風にさらされることを考慮し、素材には耐久性の高い耐候性プラスチックを使用している。

 いちどにありがとう28は、より重いものをかけることができる「ありがとうクリップ(ストロングクリップ)」が4個付いたタイプで、濡れたジーンズやバスタオルなど重いものが干しやすいのも人気の理由だという。また取っ手の下に電車のつり革のようなリングが付いていて、そこにベルトを通して本体とつなぐので重心の位置を自由に変えられる。鴨居などにかけても水平に保ちやすいので、部屋干しにも便利と好評だ。

 価格は物干しハンガーとしては高いが、「日本製の良いものを長く使ってもらいたい。本体の買い換えの回数が減れば、ゴミの少量化にもつながる。今後はカラーバリエーションを増やし、高級ハンガーも展開していきたい」(廣瀬氏)という。

(文/池田明子=JVTA)