食、医療など“健康”にまつわる情報は日々更新され、あふれています。この連載では、現在米国ボストン在住の大西睦子氏が、ハーバード大学における食事や遺伝子と病気に関する基礎研究の経験、論文や米国での状況などを交えながら、健康や医療に関するさまざまな疑問や話題を、グローバルな視点で解説していきます。
 日本では2年ほど前に注目を集め始めた「グルテンフリーダイエット」。「低炭水化物ダイエット」に続き、人気を高めてきているようですが、科学的根拠については当初から疑問視されていました。実際には、何のために“グルテンフリー”が推奨されているのでしょうか?

はやりのグルテンフリーダイエットには科学的な証拠がない

Photo:Vlado
[画像のクリックで拡大表示]

 米国では2012年ごろから「グルテンフリーダイエット」と呼ばれるダイエットが大人気です。直訳すると「グルテン除去食」。著名人が「グルテンフリーダイエットで減量成功」などといった例が多数メディアで紹介され、大きな話題になっています(関連記事)。

 ところがこのグルテンフリーダイエット、実は一般人(特定の病気などではない人)にとって健康上のメリットがあるかどうか、はっきりとした科学的な証拠は出ていません。それどころか、グルテンのメリットを失う可能性も指摘されています。

 米国アリゾナ州立大学(Arizona State University)のグレン・ガエッサー教授らは、グルテンフリーダイエットを一般大衆に勧めるのは、軽卒なことではないか? という疑問を投げかけています。今回はその報告を解説していきましょう。

■参考文献
Journal of the Academy of Nutrition and Dietetics「Gluten-Free Diet: Imprudent Dietary Advice for the General Population?


グルテンって何?

 グルテンは、小麦やライ麦、大麦などの穀物に含まれているタンパク質です。

 詳しく解説すると、小麦粉などの穀物にはグリアジンとグルテニンという2種類のタンパク質が含まれていて、水を加えてよくこねると両たんぱく質が絡み合い、粘りや弾力性のあるグルテンになります。小麦粉はグルテンの量が多いものから順に、強力粉、中力粉、そして薄力粉と呼ばれます(英語でも同様にstrong flour、medium flour、weak flour)。粘りが強く出る強力粉は焼いたときによく膨らむのでパンやピザなどに、キメ細かくさっくり仕上がる薄力粉はクッキーやケーキ生地、天ぷらの衣などに最適です。

 そしてグルテンフリーダイエット、つまりグルテン除去食は、セリアック病やグルテン過敏症、小麦アレルギーなど、グルテンの摂取が原因とされる疾患の増加とともに注目されるようになりました。