「ワンデーリフレアカラー(リラックマ)(1箱/10枚入)」1800円
[画像のクリックで拡大表示]
レンズは1日使い捨てタイプで、度あり、度なしの2タイプある。カラーはブラウンとスイートピンクの2Tone(トーン)1種類
[画像のクリックで拡大表示]

 女子中学生・高校生の間で、カラコン(カラーコンタクトレンズ)に続き、柄コン(柄の入ったカラーコンタクト)や、キャラコン(人気キャラクターが入ったカラーコンタクト)が流行の兆しを見せている。そんななか、カラコンブランド「1-DAY Refrear Color」から2014年12月12日に発売されたリラックマのキャラコン「ワンデーリフレアカラー(リラックマ)」が注目されている。

 フロムアイズ(東京都千代田区)がリラックマとコラボしたもので、瞳を囲むようにリラックマの顔やハートマークが並んで見える。現在は自社オフィシャルサイトと一部販売店のネット通販のみの販売で、店舗での発売はまだ準備段階なのだが、ネットニュースなどでとりあげられる機会が多く、そのたびに売り上げを伸ばしてきた。

 人気の理由の1つは「キャラコンでも主張しすぎず、奥ゆかしい」こと。普通に会話をする距離では自然なブラウンに見え、瞳がはっきり見える距離まで近寄ると、リラックマとハートが見える仕組みになっている。

 また同社はクリアレンズ(透明コンタクトレンズ)を製造・販売しており、そこで培ったレンズの形状デザインのノウハウを反映し、キャラコンも装用感を高めているという。例えば一般的にカラコンを着けると瞳の部分が酸素不足になりがちだが、同商品は着色部分をドット状にしているので隙間が多く、透明レンズ部から酸素がしっかり通る。色素は直接目に触れにくい構造で、日本人の平均的な瞳の大きさに基づき作っているので、視界を邪魔しにくい。「日常使いしやすい見た目に加え、着けていて目が疲れにくい、違和感がないことも好評な理由ではないか」と同社では見ている。

(文/桑原 恵美子)