“平凡な主婦がなぜ巨額横領に手を染めたのか?”を描いた映画『紙の月』。宮沢りえにとって7年ぶりの主演作となるこの作品が2014年11月15日に封切りとなる。

 原作は2011年に映画化された『八日目の蝉』をはじめ、女性を中心に抜群の人気を誇る直木賞作家・角田光代の同名小説。第25回柴田錬三郎賞を受賞し、各メディアからも絶賛を浴びた作品だ。

(C) 2014『紙の月』製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]

主婦の金銭感覚が狂い始めるきっかけとは

 舞台はバブル崩壊直後の1994年。夫(田辺誠一)と2人暮らしの主婦・梅澤梨花(宮沢りえ)は、わかば銀行の契約社員として外回りの仕事をしている。細やかな気配りやていねいな仕事ぶりは、顧客からの信頼も厚く、上司からの評価も高い。

 裕福な独居老人の平林(石橋蓮司)も、そうした梨花の仕事ぶりに信頼を寄せている顧客の1人。その平林宅でたまたま顔を合わせたことがあった、平林の孫で大学生の光太(池松壮亮)と、ある夜、街で再会。梨花は何かに導かれるように、彼との逢瀬を重ねるようになる。

 そんな日々を送る梨花は、ショッピングセンターの化粧品売り場で、現金が足りず、顧客からの預かり金のうちの1万円を勝手に借りてしまう。すぐに返したものの、その日を境に彼女の金銭感覚が少しずつ狂い始めてしまう。

(C) 2014『紙の月』製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]
(C) 2014『紙の月』製作委員会
[画像のクリックで拡大表示]