インターネットで日本のアニメをよく見るという2人。コスプレの完成度も高い
[画像のクリックで拡大表示]

 2014年10月30日~11月2日までの4日間、コミックやアニメ、ビデオゲームのイベント「サロン・デ・マンガ」がバルセロナの展示会場、フィラ・デ・バルセロナ・モンジュイックで開催された。今回で第20回目となったサロン・デ・マンガの入場者数は13万人。会場だけでなくメディアも連日賑わせた。

入り口付近で出会った「ワンピース」のロビンと「ドラゴンボール」の亀仙人
[画像のクリックで拡大表示]
「リーグ・オブ・レジェンズ」に次いでコスプレイヤーが多かった「進撃の巨人」の登場人物
[画像のクリックで拡大表示]

 入場料は7ユーロだが、ホームページから予約してコスプレすれば無料で入れるという特典があり、会場付近だけでなく、会場へ向かう地下鉄内までもアニメやビデオゲームのキャラクターに仮装した若者で溢れていた。黄色や青のカラーコンタクトレンズまでして、完璧になりきろうとしている人が多数。ドレスのようなコスチュームもこのイベントのためにみんな手作りしたというから、その意気込みに驚いた。

2014年はチケット購入の窓口が整えられ、2013年より待ち時間は少なかった。並んでいる人の中には「ワンピース」のルフィの姿も
[画像のクリックで拡大表示]