写真家の三井公一氏に注目の最新デジカメをいち早く試してもらい、撮って出しの実写画像を紹介する企画。今回は、ニコンのフルサイズ一眼レフ「D750」を取り上げる。グリップ感に優れる小型軽量ボディーにフルサイズ機では初の可動式液晶モニターを搭載し、新開発のCMOSセンサーの採用で高感度画質を高めるなど、ハイアマチュアだけでなくプロも注目すべき1台に仕上げられている。

 「攻めよ、表現者。」というキャッチコピーで登場したニコンの高性能デジタル一眼レフカメラ「D750」。持ちやすい形状のグリップや、チルト機構を採用した可動式液晶モニター、Wi-Fi搭載など、機動力を大幅に向上させたフルサイズ一眼に仕上がっている。さっそくブラブラとフィールドに持ち出していろいろと撮影してみた。

フルサイズ機初の可動式液晶を搭載するなど、意欲的な装備を充実させたニコンの「D750」。実勢価格は、ボディー単体モデルが21万円前後、24-85 VRレンズキットが26万円前後、24-120 VRレンズキットが28万5000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 D750に標準ズームレンズ「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」を装着して、ウリのグリップを握って構えてみる。「軽い!」、そして「持ちやすい!」と感じた。その感覚は“ちょっと大きいDX(APS-C)フォーマット機”のよう。私の手は決して大きくはないが、グリップを握ったときに指がキチンとボディー側まで回るのだ。この安心感は大きい。特に、望遠レンズを付けたときや、スローシャッター時のホールディングに安定性が増すだろう。

 また、このカメラの最大の特徴でもある可動式液晶モニターを使って、ハイ&ローアングルでの撮影時にも、このグリップ性は有効だと感じた。モノコック構造を採用し、小型軽量化と薄型化、そして高剛性化を実現したボディーは、一日中持ち歩いて撮影しても疲れを感じなかった。

小型軽量のD750は、気軽に持ち出せるFXフォーマット機だ。キットレンズの「AF-S NIKKOR 24-85mm f/3.5-4.5G ED VR」を装着してブラブラと都内を一日中歩いても、疲れない軽さが魅力である(ISO100、1/250秒、F8)
[画像のクリックで拡大表示]
新発売の「AF-S NIKKOR 20mm f/1.8G ED」を装着して、絞り開放で馬を撮影。新設計の光学系、そしてナノクリスタルコート採用のレンズとあって、2432万画素の実力を余すところなく引き出す解像感と再現力だ。馬の毛並みと背景のボケが心地よい(ISO200、1/125秒、F1.8)
[画像のクリックで拡大表示]
的確なホワイトバランスと、高速で正確なオートフォーカスが頼もしい。見た目に近い描写もニコンらしい。D750はローパスフィルターレスではないが、キレのある絵だ(ISO100、1/125秒、F5.6)
[画像のクリックで拡大表示]