ユーザー視点の辛口評価で知られる戸田覚氏による、デジタル製品&サービスの批評コラム。今回と次回は、iPhone 6と人気のスマートフォンを比較評価していく。最初は、前モデルであるiPhone 5sと機能・性能を比べて、買い替えるメリットを考えてみた。

 今回は、前モデルのiPhone 5sとiPhone 6 / 6 Plusを比較してみた。iPhone 5sが登場したのは約1年前なので、“2年縛り”で割賦購入した人は1年間ほど本体機種代金を2重に払うことになるはず。そこまでして乗り換える価値があるかどうかを考えていこう。

 なお、次回はGALAXY S5の予定。またNTTドコモが発表した2014-15年冬春モデルの最新スマホ「Xperia Z3」や「GALAXY Note Edge」も借用できたら比較してみるつもりだ。

【ポイント1】 iPhone 6 / 6 Plusの本体サイズは5sに比べて大き過ぎないか
【ポイント2】 デザインや質感は、5sよりiPhone 6が上なのか
【ポイント3】 5sに比べて、6の機能・性能アップは体感できるか