おでんがもっとも売れるのは「寒い」からではなく「寒く感じるから」ってご存知でしたか? このため、9月のおでん発売は、夏から秋に季節が移り変わる風物詩として定着しています。

 毎年気になるのは、各社ともに「だし」へのこだわり。全国展開の調達力を生かした味と価格が魅力のコンビニおでんを今年も早速チェックしてみました。

 コンビニおでんでもっとも人気のある具材といえば、なんといっても大根ですね。大手コンビニ4社のおでんを買い集め、比較してみました。いちばん濃い色をしていたのはサンクスの大根。「味しみ大根」として販売していて、真ん中に十字の隠し包丁が入れてあります。

大手4チェーンの大根を比較。左上から時計回りでサンクス、ファミリーマート、セブン-イレブン、ローソン
[画像のクリックで拡大表示]

 さて、そんな大根にしみ込んだだしの味は、どのような特徴の違いがあるのでしょうか。