先日、掃除機業界の“巨人”ダイソンがロボット掃除機をついに発表した。2015年春の発売とのことなのでまだまだ先だが、このニュースによって「ロボット掃除機ってどうなの?」と興味を持ち始めた人も多いのではないだろうか。

 ロボット掃除機市場はここ数年で急成長しており、そのなかでも特に大きなシェアを占めているのが米アイロボットの「ルンバシリーズ」だ。2002年に第1号機を発売したルンバシリーズは、すでに12年近くもロボット掃除機を製造販売し続ける“老舗”ブランドとなっている。その最新モデル「ルンバ800シリーズ」は、前モデル「ルンバ700シリーズ」(11年10月発売)から大幅に進化したという。

14年3月に発売された「ルンバ800シリーズ」
[画像のクリックで拡大表示]

 その使い勝手はどうなのだろうか。ルンバシリーズを買い替えながら、何世代も使い続けているユーザーも多い。その進化ポイントや使い勝手、他社モデルとの違いなどを口コミ掲示板から探ってみた。

■他社モデルとの違いは?

 「ルンバの880をお使いの方教えてください」というスレッドでは、「ルンバの最新機種とLGの四角いタイプ(『HOM-BOT スクエア』)で迷っています。ルンバは特殊なブラシを使っているようですが、フローリングでも十分お掃除できるでしょうか」という質問が上がっていた。

 「ぐるぐる回りながら掃除するルンバに対して、LGの四角いタイプはカクカクと移動して掃除するから効率がよさそうです。カメラ機能がついていると過去のトピックでもあり、隅のゴミもよくとれると聞きました。ルンバは評判が良いのでそれにしようと思っていたところLGが候補にあがり、価格が倍違うので迷っています。(ルンバは)音が結構うるさいのに対してLGがすごく静かだったので好印象です。ルンバのブラシがモップみたいな役割だったり、お手入れがしやすいのであればルンバでもいいかと思っています。ルンバの880をお使いの方いらっしゃいましたらアドバイスいただけますと助かります」

 それに対する回答を紹介しよう。

 「ルンバ持っていませんが、過去に参考になりそうな情報を見たので検討の足しにしていただけたら幸いです。それは、シャープ、サムスン(編集部注:東芝『Smarboシリーズ』)、ルンバの使用比較の動画だったのですが、その動画を見ると、この中だったらルンバしか買えないなぁという印象を受けました。

・チェックタイム 最新トレンド 『ロボット掃除機』徹底チェック
http://www.youtube.com/watch?v=mVsvt26xFgs

 LGのHOM-BOTも存在は認知していますが、それらの機種を凌駕するといった話は少なくとも私の目には付かないです」

 ここで紹介されている動画はTOKYO MXで2012年5月に放送されたもので、登場するのはいずれも旧機種になるが、動き方や掃除方法を確認するのにはとても参考になる。