タレント、二児の母、そしてインターネット生放送「ホリプロ保育園」で園長として活躍する安田美香さんが、子育てに役立つかもしれないモノやサービスを実際に試してみる「ホリプロ保育園DUAL出張所」。

 今回は、話題のソーシャルクローゼットサービス「キャリーオン(CarryOn)」を試してみました。ソーシャルクローゼットとはいったい?

[画像のクリックで拡大表示]

 子育ては、シャベればちょっぴり楽になる。

 ホリプロちゃんねる(192ch)・ニコニコ生放送にて、第1~第3木曜日お昼12:00~生放送しております、『子育てシャベリ場!ホリプロ保育園』。

 「親であるコトを楽しもう!」と、みんなでおシャベリする番組です。

 ご視聴は無料です。事前にタイムシフト録画しておけば、無料で1週間ご覧いただけけます。

 本日8月7日(木)お昼12:00~生放送です。ぜひご覧ください!

>>本日8月7日の無料視聴~録画予約はコチラから<<

サイクルの早い子ども服を、気軽に売って、お得に買おう!

 前回7月17日放送の「ホリプロ保育園」には、お笑いコンビ「クワバタオハラ」のくわばたりえさん、そして、「キャリーオン」代表の長森真希さんがご来園。

[画像のクリックで拡大表示]

 長森さんには、ブランド子ども服のソーシャルクローゼット「キャリーオン(CarryOn)」を紹介してもらいました!



長森さん: 「キャリーオン」は、着られなくなった子ども服を「誰かに使ってほしいな」と思って出品するママと、「良い子ども服をできるだけリーズナブルに手に入れたい!」というママをマッチングさせるプラットフォームです。

 出品した子ども服が売れると、ポイントが還元されるんですが、今度はそのポイントを使って、キャリーオンで出品されている洋服を買うことができるんです。「お下がりをみんなで回し合いましょう」という感覚ですね。

くわばたさん: なんだか、大きな親戚みたいですね~!

長森さん: 昔は地域のコミュニティなどでリユースが自然にできていたと思うんですが、現代では難しいですよね。そこで、インターネットを使って遠くのママとも子ども服を譲り合うことができるようにと、このサービスをスタートさせました。ママからママへの愛情リレーです。

 つまり、WEB上の子ども服フリーマーケットというワケ。

 ただし、出品アイテムの質を保つために、リユースとして価値ある「ブランド子ども服」限定です。

 実はワタクシ……「子どもの服を片付けられない女」なんです。

 「もう着られない服は処分しなくちゃ!」と思ってはいるものの、思い出がいっぱいつまっているから、なかなか手放せなくて……。

 捨てるのなんて絶対ムリだし、かといってネットオークションに出してる時間なんてないし……。

 「あ! そうだ! 赤ちゃんが産まれた○○さんにあげようかな? でも、お古なんて、嫌がられるかなぁ? 服の好みもあるだろうし……」

 なんてグズグズしていたら、わが家の小さなタンスはパンパンに!

安田: 誰かー! お助けをーーー(涙)!!!

 ……と困り果てていた矢先に知った、このサービス。

 しかも、うちの子のお下がりを、それなりのいいお値段(?)で買ってもらえるというではありませんか!?

 早速お試ししてみました!

→全文は日経DUALでお楽しみください!

安田 美香(やすだ・みか)
安田 美香ホリプロのアナウンス部に所属。立教大学文学部卒業。日本大学大学院芸術学研究科にて、芸術学修士号取得。現在、4歳男児と1歳女児を子育て中。子育てに挫折した経験から、「子育てシャベリ場!ホリプロ保育園」を企画&立ち上げ、「ホリプロ保育園」園長として、子育てに携わるさまざまな声を集め、発信している。
・公式ブログ「ザナ風呂」
Google+