年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは「腸内細菌とアンチエイジング」。腸内細菌は私たちの健康に大きく関わっている。研究も進み、その役割もわかってきた。そこであらためて腸内細菌って何?から最新情報までを紹介しよう。

 「人間の腸の中には200~300種類、約100兆個の細菌がいる」と、慶應義塾大学医学部消化器内科の金井隆典教授は話し始めた。

 100兆という数字は大きすぎてピンと来ないが、人間の細胞は全部で約60兆個と言われているから、腸の中にはその倍近い数の細菌がいることになる。

 腸内細菌は大きく3種類に分けられる。ビフィズス菌や乳酸菌のように、人体の健康維持に役立つ善玉菌(プロバイオティクス)。逆に人体にマイナスの作用を持つ悪玉菌(パソビオント)。働きがはっきりせず、善玉とも悪玉とも呼べないグレーゾーンの菌(バイスタンダー)だ。

 善玉菌は人間が消化できない食物繊維を消化し、ビタミンKなどを作るのに役立つ。また、酪酸、酢酸、プロピオン酸などを作り、免疫を制御する(抗アレルギー)作用も持つ。一方の悪玉菌は発がん物質や有害物質を作り、病気を引き起こす。ざっくりと言えば、善玉菌が多ければ健康に、悪玉菌が多ければ病気になりやすい。

 20世紀初頭のロシアの微生物学者メチニコフは、「ブルガリアに長生きする人が多いのはヨーグルトを大量に食べるからだ」と唱え、自身もヨーグルトを食べまくった。ヨーグルトに含まれる乳酸菌が長寿の秘密だというのだ。

 乳酸菌が善玉菌なのは確かだが、「現代の医学をもってしても、数百種類ある腸内細菌の働きがすべて解明されているわけではない」と金井教授は言う。

 例えば、腸内細菌の中でも数が多い菌にクロストリジウムがある。もともと免疫を制御する善玉菌なのだが、「この中のクロストリジウム・ディフィシルはトキシンという毒素を出して深刻な腸炎を引き起こす悪玉菌。逆に悪玉菌とされる大腸菌も、すべて悪玉とは限らない」と金井教授は説明する。現在、善玉や悪玉にはっきりと分類されている菌は、膨大な腸内細菌全体から見ればごく一部に過ぎないのだそうだ。