2014年7月19日、千葉県・幕張メッセ国際展示場で「宇宙博2014 NASA・JAXAの挑戦」が開幕した。NASA有人宇宙開発の歴史を一望できる「NASA A HUMAN ADVENTURE」巡回展の日本初展示に加え、ロケットから未来の宇宙探査まで日本の宇宙開発にまつわるものを全500点展示している。

 4つのエリアに分かれた会場では、米国初の有人宇宙計画、人類初の有人月探査といった宇宙開発史上の大イベントを体感できる。宇宙船を窓からのぞき込んだり、国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟の実物大模型や火星探査車の後ろに回り込んだり、本物の隕石に触れたり、地球と宇宙を往復するエレベーターが動く様子が見られたりなど、体感・実感できる展示が目白押しだ。

「宇宙博2014 NASA・JAXAの挑戦」は2014年7月19日から9月23日まで開催。会場中央のスロープ上から、日本と未来の宇宙開発エリアを望む。手前は米国で開発中の民間有人宇宙船「ドリームチェイサー」、右は国際宇宙ステーション(ISS)日本実験棟「きぼう」、右手奥にスペースシャトル「アトランティス」、中央上に国際宇宙ステーション1/10模型、左奥に日本の宇宙ヨットこと、ソーラー電力セイル実証機「イカロス」セイルの一部
[画像のクリックで拡大表示]
7月18日、開会式に先駆けて展示品について語るJAXA名誉教授の的川恭宣氏と国際宇宙ステーション日本実験棟「きぼう」
[画像のクリックで拡大表示]
2013年11月からISSで約6カ月間の長期滞在を実施し、日本初のISSコマンダーとなった若田光一宇宙飛行士が米国ヒューストンから開会式に「リアルな宇宙を感じてください」とのビデオメッセージ
[画像のクリックで拡大表示]
開会式に参加したのは、宇宙博2014公式サポーターを務めるお笑いコンビ「爆笑問題」。宇宙博のために製作されたISS日本実験棟「きぼう」実物大模型の搭乗者第1号となったとのこと
[画像のクリックで拡大表示]
宇宙博公式キャラクター「キュリオくん」。会場に出没していることもあり、一緒に写真が撮れる?
[画像のクリックで拡大表示]