ユーザー視点の辛口評価で知られる戸田覚氏による、デジタル製品&サービスの批評コラム。今回から2回連続で、パワーポイントに取って代われる実力を持つ、簡単なiPad用のプレゼンアプリを紹介していく。

[画像のクリックで拡大表示]

 Microsoft Officeが普及し、プレゼンが実施されるようになってから「プレゼン」と言えば「PowerPoint(パワーポイント)」が定番だった。最近ではアップルのプレゼンソフト「Keynote(キーノート)」が人気だが、ここへ来てiPad用のプレゼンアプリで新顔が続々と登場している。プレゼンの当たり前が徐々に変わってきそうな様相だ。

 パソコンでパワーポイントを使ったプレゼンでは、作図やアニメーションにこだわり、プロジェクターで見せることが多かった。もしくは、どんどん文字を盛り込んで、企画書として使うケースが多かった。

 それに対して、iPadを使ったプレゼンは、情報が少なめでシンプルなものが使いやすい。少人数でちょっと見せるときにこそうってつけなのだ。これは歓迎すべきことで、そもそもプレゼン本来の姿だ。パワーポイントで作った文字てんこ盛りの資料は、プレゼンではないのだ。iPad専用のプレゼンアプリは、シンプルに使えて情報をサクサク見せられればいい。

 iPad向けアプリの傾向として目立つのは、スライドのWeb共有だ。いちいちファイルを転送する必要すらなく、Web上でスライドを共有できてしまう。使う機器にも左右されないのがうれしいところだ。また、Webで見せることを前提にスライドを録画するアプリも旬だ。iPad向けの最新アプリを見ていくと、パワーポイント式のプレゼンが少々古めかしく感じてしまうだろう。

 これから合計4本のアプリを紹介していく。今回の記事では2本、次週の記事で2本だ。