2009年、厚さがわずか7mmという財布が誕生した。商品名はズバリ「薄い財布」。「究極の薄さ」は大きな話題となり2013年にはグッドデザイン賞も受賞した。

 この「薄い財布」を作ったのは、バリューイノベーションの社長でありデザイナーでもある南和繁さんだ。今年38歳になる南さんの自宅はマレーシアのクアラルンプール。月のうち10日は自宅で家族と過ごし、10日は東京のオフィス、残る10日は東南アジアやヨーロッパなど他の国で仕事をしているという。

 ちょうど東京オフィスに滞在している期間に南さんを訪ねた。渋谷駅から徒歩5分ほどの小さなビルの3階には手がけた製品のショップ兼オフィス、4階には打ち合わせなどのスペースがある。コンパクトだが機能的で快適な空間だ。

南和繁(みなみ かずしげ)
米国カレッジで映画学と経済学を学ぶ。米国の大手金融企業をはじめ、アパレルや飲食関係の事業会社などを経て「ngi group」でITベンチャーを中心に投資を手がけてきた。その後、abrAsusで「薄い財布」などのプロダクトを開発
[画像のクリックで拡大表示]
「SUPER CLASSIC ギャラリー&ストア」
abrAsus(アブラサス)を含むスーパークラシックのすべての商品を見られる、触れるお店。週に3回、3~4時間だけオープンする。開店時間などは公式サイトを参照
公式サイト:http://superclassic.jp/gallery/
[画像のクリックで拡大表示]