年をとると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若いころの外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回のテーマは「インターバル速歩」。運動を続けていくと生活習慣病をはじめ、さまざまなリスクを妨げるという。ジムに通わなくても歩き方を変えるだけでいいとか。運動嫌いの人でも続けられるアンチエイジングに効く簡単な運動とその効果を紹介しよう。

 ダイエットの基本は「食事と運動」。これはアンチエイジングの基本でもある。

 運動は単に肥満を防ぐだけではない。信州大学大学院医学系研究科スポーツ医科学講座の能勢博教授によると、「高血圧や糖尿病といった生活習慣病、がん、うつ、認知症。これらのリスクが、すべて運動によって低くなる」という。

 例えば、2万7055人の女性を10年以上追跡調査した米国の研究がある。消費カロリーが「週200キロカロリー未満」から「週1500キロカロリー以上」までの5つのグループに分けて調べてみると、心筋梗塞や狭心症、大動脈瘤、大動脈解離などの心血管疾患の発症リスクは運動量が多いほど低く、最も運動量の多い人たちの発症率は最も運動量の少ない人たちに比べて41%低かった(Circulation.2007 Nov6;116(19):2110-8)。

 台湾の国家研究衛生院が41万6175人を約3年間追跡した調査では、「週90分運動する人」の死亡率は「まったく運動しない人」より14%低く、平均寿命が3年長い。さらに1日100分までは、1日の運動時間が15分増えるごとに死亡率が4%ずつ下がっていくことも分かった(Lancet.2011 Oct 1;378(9798):1244-53)。

 今や「運動が体にいい」ことはもちろん、「運動で寿命が延びる」ことまで医学的に証明されているわけだ。これらの研究結果を受け、WHO(世界保健機関)では健康のために「週150分以上の運動」を勧めている。