“ライフスタイルホテル”って何!?

 2014年6月11日にオープンした超高層ビル「虎ノ門ヒルズ」(虎ノ門ヒルズについての詳しいレポートはこちら)。その47階~52階の6フロアを占めるのが、日本初上陸となる米ハイアットグループのホテル「アンダーズ 東京」だ。

 アンダーズはヒンディー語で“パーソナルスタイル”を意味する。地域の個性を大切にし、その土地の魅力をデザインやサービスに取り入れているライフスタイルホテルだという。

 その12軒目となるアンダーズ 東京のインテリアデザインは、ホテル・レストランデザイナーとして世界的に有名なトニー・チー氏と、和菓子店・茶房「HIGASHIYA」や由布院温泉の旅館「山荘無量塔(MURATA)」新館など日本の伝統文化を現代に合わせて再構築するスタイルが人気の日本人デザイナー、緒方慎一郎氏とのコラボレーションとのこと。

 いったいどんなところがパーソナルスタイルなのか。オープン前に足を運んでみた。

メインダイニングとなる51階の「アンダーズ タヴァーン」はラウンジバーも併設。天井からつり下げられたオブジェはチャーリー・ホイニーによるアート作品。新鮮な日本の食材を生かした欧州の田舎料理を提供するという
[画像のクリックで拡大表示]
最上階の52階にある「ルーフトップバー」。それぞれ雰囲気が異なるローカウンター、ラウンジ、ハイカウンターの3つのスペースを気分やスタイルに合わせて楽しめるという
[画像のクリックで拡大表示]
52階には太陽の光と緑を身近に感じられるペントハウスのようなコーナーも用意されている
[画像のクリックで拡大表示]
エレベーターには鯛の型に和紙を仕込んだ和風の装飾が施されたものなど芸術品のような美しさ
[画像のクリックで拡大表示]
館内の廊下にも雰囲気を盛り上げる照明が多い
[画像のクリックで拡大表示]
新虎通りに面した1階にはクラフトビールやハンバーガーを気軽に楽しめるカジュアルダイニング「BeBu (ビブ)」(72席)がある
[画像のクリックで拡大表示]
1階の「ペストリーショップ」では素材にこだわったスイーツや焼き菓子をそろえる
[画像のクリックで拡大表示]