シャープ「ヘルシオお茶プレッソ」。カラーはホワイト系、ブラック系の2色。オープン価格で実勢価格2万5000円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 シャープが2014年4月25日に発売したお茶専用マシン「ヘルシオ お茶プレッソ」が早くも増産体制に入った。発売時点では月産4000台体制だったが、25%増の5000台体制へと引き上げ、旺盛な需要に対応している。だが依然、品薄状況だ。

 なぜ、お茶プレッソは人気商品となったのか。

アクティブシニア層は「こうした製品を待っていた」

[画像のクリックで拡大表示]

 お茶プレッソは、茶葉を臼で挽き、粉末茶を生成。お湯を沸かして、回転はねを使ってお茶をたてることができる世界初のお茶メーカーだ。

 「日本の伝統文化である茶道で使われる道具をお手本に、挽く、沸かす、点てるという動きをこの1台に凝縮した」(シャープ 健康・環境システム事業本部 調理システム事業部新規事業推進プロジェクトチームチーフ 田村友樹氏)のが特徴。

 まず、抹茶を作る際に使われる石臼にならい開発したセラミック製の臼で、20ミクロン以下という細かい粉末茶をつくる。これを茶せんによるかき混ぜ方を研究して開発した回転はねを備えたポットに入れ、お茶をたてる。臼の摺合せ部の模様や回転はねの形状、それぞれの回転数の制御などは、何度も試作と実験を繰り返してたどり着いた成果だ。「臼だけで30種類、回転はねでも30種類ほどの試作を繰り返した」(田村氏)という。

 価格は2万5000円前後。発売当日から、量販店ではアクティブシニア層(65歳以上で介護を必要としない高齢者)などが展示されたばかりのお茶プレッソを求めて来店する姿が見られた。店頭に立っていた田村氏も「こうした製品を待っていた」という声に、強い手応えをつかんだようだ。

このセラミック製の臼がゆっくりと回転(約100回転/分)
[画像のクリックで拡大表示]
茶葉はきめ細かな粉末状になる
[画像のクリックで拡大表示]
茶筅(ちゃせん)でお茶をたてるように、「回転はね」がお湯と粉末茶をかき混ぜる
[画像のクリックで拡大表示]

ヘルシオブランドで健康志向を印象付ける

 これまでもお茶を飲む習慣のあるアクティブシニア層の反応は、ある意味、狙い通りでもある。

 「急須でお茶を入れると、茶がらとして捨ててしまう分があり、お茶そのものには茶葉の栄養成分の30%しか得られない。お茶はかつて百薬の長と言われたほど、カテキンやクロロフィル、食物繊維などの栄養成分を多く含んでいる。健康寿命が長い地域にはお茶の産地が多く、お茶の健康効能にも注目が集まっている」(田村氏)。

 とはいえ、かつては飲料といえばお茶だったシニア層でも、飲料の種類が増え続ける昨今、お茶を飲む機会はどうしても減ってしまう。だからこそ「茶葉をまるごと使ったお茶が入れられるお茶プレッソは、おいしくて、健康的なお茶を楽しむことができる製品」(田村氏)であり、効率良く茶葉の栄養成分をとれる製品として、注目を集めているといえるだろう。

 またヘルシオというブランドで売り出したのも、健康を強く意識した製品であることを証明するものだ。つまりこれまでお茶を飲んでいたユーザー層に対して、これまで以上に健康的にお茶を楽しんでもらおうという狙いがあるわけだ。