[画像のクリックで拡大表示]

 2014年になってから「格安SIM」「格安スマホ」といった言葉を目にすることが急速に増えている。スマートフォンといえば、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルなどの大手キャリアと契約を結んで利用するのが一般的だった日本に、新しい潮流が起きていることは間違いなさそうだ。

 スマートフォンの料金は、納得している人も、そうでない人も、決して安いとは感じていないだろう。大手キャリアの端末を購入して特別な策を講じることなく利用していると、最低でも月額7000円前後の料金が発生する。これに通話やオプションなどの料金が加わり、さらに端末代金の分割支払いが加算されると、1万円コースになっている人も少なからずいるはず。確かに便利なスマートフォンだけれど、1万円の価値に見合うだけのメリットを得ているかと自分に問い直すと、疑問は残る。

毎月7000円以上払っているスマホの通信料金を「カクヤス」化すれば、月額1000~3000円に抑えられる
[画像のクリックで拡大表示]

 そこで、この連載では、できるだけ安い通信料金でスマートフォンや関連する通信機器を使うサービスや、「カクヤス」な料金で楽しく便利に使える製品などを紹介・解説していきたいと思う。

 7000円以上するスマートフォンの料金が1000円~3000円程度に抑えられたら? 月額1000円ぐらいの通信料金で、新しい機能を持った面白い端末を使えるとしたら? そんな世界ならば、カクヤスでスマートな生活が送れるのではないだろうか。カクヤスな世界への扉を開いてみよう!

「格安SIM」って普通のスマホと何が違うのか

 「カクヤス」スマホ生活を実現するための大きな柱となるのが、話題の「格安SIM」だ。同じく話題の「格安スマホ」も、実はスマートフォン端末と格安SIMをセットにして販売している商品なので、格安SIMを知ることが全体の理解につながる。

 格安SIMのほかにも、格安音声サービスや、NTTドコモが提供を始めるような新しい世代の料金プランも、上手に使うとカクヤス化に役立つ。だが、まずは、最大の柱である格安SIMについてチェックしていこう。