ビジネス書作家の戸田覚氏が、さまざまなデジタル製品やアプリ、サービスを使い込んで検証する連載。過去2回のアプリ紹介を経て、今回は各写真プリントサービス選びのポイントをまとめていく。

[画像のクリックで拡大表示]

 さて、第1回「1枚5円! iPhoneで使える激安写真プリント比較」、第2回「【比較表あり】続・iPhoneで使える激安写真プリントはどれが良いか」に引き続き、3回目の今回は、いよいよ結論をまとめていこう。写真プリントの上手な選び方、使い方を紹介する。

 間違いなく言えることは、もはや家庭や会社のプリンターで写真をプリントする気にはなれないということだ。そもそもプリントサービスは、フィルム時代に近い印画紙を使っている。家庭のインクジェットとは方式からして違うのだ。

 インクジェットは入門機から上級機まで幅があるので一概には言えないものの、まず家庭用には劣らない画質を実現している。それでいてこの料金なのだから、家庭でプリントする意味はなくなった。

 さて、各写真プリントサービスの特徴を踏まえて、今回は以下のポイントをチェックしていこう。

【ポイント1】 1枚5円という価格でもうかるのか?
【ポイント2】 プリントの画質はどうなのか?
【ポイント3】 アプリの使い勝手には違いがあるか?
【ポイント4】 納期の差は?