ジャンル ユーティリティー
アプリ名 解凍ツール(ZIP/LHA/RAR/7z)日本語対応
作者 aokitaka
料金 無料
ダウンロード先
圧縮ファイルのファイル名を指定して「解凍」ボタンをタップするだけでOK。パソコンでは日常的な作業が、スマートフォンの上でも手軽にできるようになる

 ビジネスシーンではファイルを圧縮して送ったり保存したりすることがよくある。いくつものファイルをメール添付するときに、圧縮してまとめるとデータ量も削減しハンドリングしやすくなる。以前ならばLZH形式が良く使われていたが、近年はZIP形式を見かけることのほうが多くなったかもしれない。

 ところが、出先でスマートフォンしか持ち合わせていないときに、ZIPなどの圧縮ファイルの内容を確認する必要に迫られることがある。しかしAndroidは標準では圧縮ファイルの操作に対応していない。ここにファイルはあるのに、開くことができないのだ。

 そこで、圧縮ファイルを解凍するアプリの登場だ。今では圧縮・解凍が標準機能になっているパソコンだって、昔は圧縮・解凍ソフトをまずインストールしたものだった。スマートフォンだってアプリで機能を追加して悪いわけはない。

 解凍用のアプリは英語版が多いのだが、ここで紹介するアプリ「解凍ツール」は日本語に対応。そうでなくても、解凍先のフォルダを指定したり、解凍後の処理方法を求められたりと、少々ややこしい設定項目があるだけに、日本語で使えるのはありがたい。

 利用はさほど難しいことはない。圧縮ファイルを指定して、「解凍」のボタンをタップすれば指定したフォルダに解凍後のフォルダができあがる。時間がかかる処理の場合は、バックグラウンドで処理する設定もできるから安心。対応する圧縮ファイルはZIP、LZH、RAR、7zとのことだ。

 パスワード付きのZIPファイルの解凍にも対応しているので、ビジネス文書などの閲覧も可能だ。ただし、機密文書を解凍したままのスマートフォンを、どこかに置き忘れたりしませんように。