近年、肌のトラブルを訴える人が増加。「体質だし、乾燥肌だから仕方ない」とあきらめてしまう人も多い中、肌のトラブル、実は「体質ではなく姿勢にある」と、新たに「アトピー発症機序理論」を提唱するようになった、ナビタスクリニック川崎の皮膚科専門医、山本綾子先生(日本皮膚科学会専門医)が、さまざまな皮膚病・肌トラブルについて解説する連載。
 6回目は、手湿疹について。“オーガニックなクリーム”でかぶれることも……?

 アトピー性皮膚炎と診断されたことがなく、身体のほかの部位に湿疹はない。なのに手だけは湿疹だけがどうしても治らず、いつも指先がパックリ割れて痛いという人が、時々います。老若男女問わず、特に炊事などをしていなくても、です。

 今回はそんな手湿疹の謎に迫ります。

手湿疹で受診する人の特徴とは

 皮膚科を「手が荒れるので、薬をください」と受診する患者さんで多いのは、子育て中のお母さんや炊事の多い女性と、ある職業に就く人たちです。

 まず、美容師さんや飲食店勤務のみなさん。美容師さんはシャンプーをすることが多くパーマ剤、カラー剤などを触ることが原因でしょうし、飲食店勤務の場合、手洗いの回数の多さが原因と考えられます。ある意味、職業病ともいえるでしょう。

 こうした職業については予測も納得もできますが、意外にもエステティシャンも多いんです。エステと聞くと皮膚に“優しいもの(クリームなど)”を使っていると思ってしまいますが、“優しい”とうたわれているものが、必ずしも万人の皮膚に刺激がないとは言えないようです。

 また、食器洗いなどほとんどしないという男性ビジネスパーソンが受診することも増えてきました。

 その背景に透けて見えるのは“手荒れはかぶれ(外的要因)によるものだけではない”ということでしょう。ではなぜ手が荒れるのか? アトピー発症機序理論から考えてみましょう。

 

手湿疹の治療にも作戦が必要

 手湿疹で皮膚科を受診すると、ステロイドの軟膏と保湿剤を処方されるのが一般的です。もちろん、私の処方も一般的皮膚科とほとんど変わりません。

 私自身はアトピー性皮膚炎ではありませんが、子どものころは手湿疹がひどく、ひび割れから血が出て、教科書のあちこちに血がついたりしていました。率先して食器洗いをしていたわけでもなく、手があれる原因は思い当たらなかったのですが……。

 また、皮膚科医になると手を洗う回数が増え、手荒れを繰り返すようになりました(もちろん現在は治っています)。当時、ステロイドを使って治療していましたが、手湿疹にはステロイドが効きにくいということは自分の経験上、よく知っていましたし、治りにくいことを実感。なぜなのか?

 ここで考えるべきは、「効きにくいステロイドをいかに効きやすくさせるか?」なのです。