食物アレルギーを発症する子どもは増加傾向にあるものの、小児期に最も多い食物アレルギー、鶏卵・牛乳・小麦・大豆・米の5大アレルゲンは、就学前にはいずれも半分以下に低下していくこともあり、対応食品の市場規模としては大きくないと。ところが最近、大手メーカーが興味深い商品を出してきている。果たしてその理由とは?