“元祖・普段使い万年筆”! ラミー「サファリ」

ラミー「サファリ」(3990円、税込み)。ペン先:ステンレス金製、ペン種:EF・F・M、インク供給:カートリッジ/コンバーター両用。コンバーター別売リ。カラーバリエーションは写真のスケルトンのほか、シャイニーブラック、ホワイト、ブルー、レッド、ブラック、イエローがある
[画像のクリックで拡大表示]

 ラミーの「サファリ」はカジュアル万年筆の代表的なモデル。アウトドアでも使えそうなデザインと、乱暴に書いても簡単にはへたれない質実剛健なペン先は、本当に“ボールペンのように使える万年筆”。これから万年筆を試したい人も万年筆に慣れている人も安心して使える、普段使い万年筆のデファクトスタンダードのようなものだ。

 デザインのポイントになっている大きなクリップは、ノートなどに挟んだときの安定感が抜群。キャップは円柱状だが、尻軸に向かって徐々に楕円形になり、ペン先に向かって三角形になるユニークな形状で持ちやすい。

 そのほか、カラーモデルの見た目の発色の良さ、人差し指と親指を置くと自動的に正しい持ち方になるグリップ、スケルトンモデルを想定してデザインされたコンバーターのデザイン、気密性が高く、長時間放置しても簡単にはインクが揮発しないキャップ……。使えば使うほど、完成度の高さに惚れ惚れする。

 ペン先はかなり固めで、初めての人や筆圧の強い人でもスムーズに書けるので、ボールペン代わりと考えているユーザーには最適。ただEF(極細)でも日本製の中細程度と、細い文字を書くのにはあまり向かない。また、万年筆らしい筆致が欲しいユーザーにも向かないかもしれない。デザインもカジュアルなので、客前で使うのにも適さないだろう。

 それ以外ではほぼ欠点のない万年筆なので、とりあえずこれで万年筆を体験してみて、そこから考えるというのも手かもしれない。

比較的大きめで、しっかりしたペン先。多少筆圧をかけてもしっかり書けるタフさが魅力
[画像のクリックで拡大表示]
グリップの平たい部分に親指と人差し指がくるように握ると自然と正しい持ち方になる
[画像のクリックで拡大表示]
持つとこんな感じ。外国人の大きな手にはキャップを尻軸に付けた状態でちょうど良いのかも
[画像のクリックで拡大表示]
尻軸にキャップを付けるとかなり長くなるので、キャップを付けないほうが書きやすいと思う。実際に書いてみると、ペン先はEFだが、実際の筆跡は日本のペン先だとMくらいある
[画像のクリックで拡大表示]

※後日「5000円~1万円」編をアップ予定

(文/納富廉邦)