軸の色が変わる!? パイロット「プレラ 色彩逢い iro-ai」

パイロット「プレラ 色彩逢い iro-ai」(3500円)。ペン先:特殊合金製、ペン種:F・M・CM(カリグラフィ)、インク供給:カートリッジ/コンバーター両用。コンバーター付属。カラーバリエーションは写真のように透明の軸の上部と下部のみに色が付いているスタイルで、ブラック、オレンジ、ピンク、レッド、ライトグリーン、ライトブルー、ブルーがある
[画像のクリックで拡大表示]

 ここからは3000円台で、初心者というより万年筆を日常の筆記具として積極的に使っていこうと考える人向けの製品になる。

 このパイロット「プレラ 色彩逢い iro-ai」は、さまざまな種類のボトルインクを利用したいユーザー向きの製品。コンバーターが最初から付属しており、軸が透明なので、ボトルインクから吸い上げたインクの色を見て楽しめる仕掛けだ。この「外からインクが見える」仕掛けは、ビジネス利用にもとても便利。インク残量がひと目で分かり、インクを注ぎ足すタイミングを逃さない。

 ペン自体の長さが短いので、万年筆に慣れていない人に扱いやすいのもポイント。ペン先は手帳などの狭いスペースにも書きやすいF(細字)、しっかりした筆跡で宛名書きなどにも使えるM(中字)を選べるほか、欧州風フォントのような縦線と横線の太さを変えて書けるCM(カリグラフィ)も用意されている。万年筆らしい文字を書きたい場合にも対応できるのがうれしい。

 さらにパイロットには「iroshizuku<色彩雫>」という、青だけでも7色から選べ、グレーや茶色などの渋い色彩も用意されたボトルインクのシリーズがある。ここからインクを選ぶだけでも楽しい。筆者はこのシリーズの「霧雨」というインクや、ドクターヤンセンというメーカーの「ディケンズ」という鉛筆で書いたような色などを愛用しているのだが、そのクッキリしすぎない色合いが目に優しく、長時間の筆記がラクになったり、読み直す際の見やすさにつながったりしている。インクが選べることも万年筆の大事な機能の1つなのだ。

透明の軸にあらかじめコンバーターがセットされている
[画像のクリックで拡大表示]
インクを入れると中のインクの様子まで見える。分かりやすいように赤のインクを入れてみた
[画像のクリックで拡大表示]
通常のペン先(左)のほか、カリグラフィー(右)用のペン先も選べる。ペン先の形状の違いが分かるだろうか
[画像のクリックで拡大表示]
ボトルインクは種類が豊富で、さまざまなブランドから出ている(他ブランドのものを使うと保証外だが、まず使えないことはない)
[画像のクリックで拡大表示]
手に持ったときの感じ。やや短いが持ちにくくはない。尻軸にキャップを差して使うと、長さがちょうど良くなって書きやすくなる
[画像のクリックで拡大表示]
筆記時はキャップを尻軸に差すと、長さのバランスが良くなって書きやすくなる
[画像のクリックで拡大表示]