特殊ペン先で味のある文字も書ける! セーラー万年筆「マイ・ファースト」

セーラー万年筆「マイ・ファースト」(2000円)。ペン先:ステンレス製、ペン種:中細・特殊ペン、インク供給:カートリッジ/コンバーター両用。カートリッジ3本、ペン先2種付属。カラーバリエーションは写真のブラック×レッドのように本体はブラック、リングとクリップがカラーになっていて、ほかにブラック×ブルーがある
[画像のクリックで拡大表示]

 セーラー万年筆の「マイ・ファースト」は2000円と前述のkakunoやプレジールと比べると価格は2倍だが、ペン先が二つとカートリッジインクが3本付属するので、同価格帯と考えてよいだろう。kakunoやプレジールがボールペンのように気軽に使える万年筆だとすると、マイ・ファーストは「万年筆らしさを簡単に味わってもらう筆記具」だ。

 ペン先は通常の筆記に使える中細字用と、ペン先を上方に曲げた特殊なタイプをセットにしているのが面白い。まず中細字用で万年筆が普段の筆記に使えることを、文字の太さを筆のように変えられる特殊ペン先で万年筆の面白さを知ってもらおうというわけだ。

 ちなみにこの特殊ペン先は、セーラー万年筆から「ふでDEまんねん」という商品名で発売されている、宛名書きや手書きの手紙などで味のある字を書けるペンと同じもの。つまり、このセットは日常用と手書き文字の味わいをより強く出すための筆記具の組み合わせという実用的なものなのだ。

 さらにカートリッジは黒、赤、青の3色が付属するので、万年筆でカラーインクを試すことも可能。これでカラーインクが気に入れば、ボトルインクを吸い上げて利用するコンバーター(別売り)を使い、たくさんの色のバリエーションが楽しめるボトルタイプに挑戦することもできる。万年筆の面白さをいろいろと体験できるセットになっているのだ。

パッケージには2つのペン先の違いが説明されている
[画像のクリックで拡大表示]
パッケージの中には本体、ペン先2種類、カートリッジインク3色各1本ずつが入っているほか、分かりやすい説明書も付属
[画像のクリックで拡大表示]
2つのペン先にそれぞれカートリッジインクを装着。コンバーターの使用も可能。ただ、キャップは本体に付いているもの1つしかないので、2つのペン先を取り替えながら使うには、使わないほうのペン先をラップで包むなどの工夫が必要になる
[画像のクリックで拡大表示]
「中細」のペン先。普段使いに向く、セーラーならではの書きやすいペン先だ
[画像のクリックで拡大表示]
「特殊ペン」のペン先。まるで壊れたペン先のように上を向いており、紙に当てる角度を変えることで筆文字のような筆跡にもなる
[画像のクリックで拡大表示]
手で持つとこんな感じ。意外に軸は太くしっかり握れる
[画像のクリックで拡大表示]
このペンも軸が軽いので、キャップを後ろに付けて書くのがおすすめ。下の文字は上部が特殊ペン、下部が中細で書いたもの
[画像のクリックで拡大表示]