“200円万年筆”の高級版!? プラチナ万年筆「プレジール」

プラチナ万年筆「プレジール」(1000円)。ペン先:ステンレス製、ペン種:F・M、インク供給:カートリッジ/コンバーター両用。カートリッジ1本付属。カラーバリエーションは写真のガンメタルのほか、アイスホワイト、フロスティブルー、ブラック、ピンク、バイオレット、グリーン、ブルー、イエロー、レッドがある
[画像のクリックで拡大表示]

 プラチナ万年筆の「プレジール」は驚異の“200円万年筆”「プレピー」の金属軸バージョン。そのうえ、カートリッジを差し込んだまま1年放置してもインクが固まらない「スリップシール機構」を搭載しており、万年筆初心者や万年筆を日々の仕事の現場で使いたい人向きといえる。

 1000円と手ごろでありながら、見た目にも安っぽい感じが全くない。これは軸が金属製であるうえに、ガンメタルやアイスホワイトといった落ち着いた仕上げの軸が用意されているからだろう。前述のkakunoにもいえるが、このあたりの日本ブランドのセンスは侮れない。

 インクの出が良く、スイスイとボールペンのように快適に書ける。ペン先はプレピーと同じものを使用しているが、軸が太くてしっかりしただけでずいぶん書きやすく感じるのが不思議だ。ただ「万年筆を使っている」という実感には乏しい。極細の水性ボールペンを使っているのに似た感触なのだ。それだけ実用的ということでもあるが。

 キャップは1年放置しても乾かない密閉性なのだが、それほど力を入れずに着脱できる。スクリュー式ではないのに簡単に乾かないというのは、実はかなり珍しい。

ここでは付属のカートリッジインクを入れたが、ボトルインクを吸い上げて利用するコンバーターも別売りで用意する
[画像のクリックで拡大表示]
安価とはいえ、しっかりしたペン先。インクはペン先の奥の溝からペン先に供給される
[画像のクリックで拡大表示]
手にするとこんな感じ。太めの軸は持ちやすい
[画像のクリックで拡大表示]
本体がとても軽いので、キャップを尻軸に差し込んだほうが書きやすい。ペンの下にあるのはプレジールでの筆記例
[画像のクリックで拡大表示]