日本で筆記具の主役といえばボールペンだが、欧州などでは万年筆が“現役の筆記具”として日常的に使われている。だからこそ、高級なものばかりではなく安価で気軽に使えるカラフルな万年筆など、バリエーションが豊富。日本に比べて油性より水性のボールペンが人気なのも、水性インクに慣れているからだろう。

 ところが最近、日本でも文房具ブームに加えて手書きが見直されていることもあり、実用重視の手ごろな万年筆が増えてきた。パイロットやプラチナ万年筆といった日本の万年筆ブランドは、1000円程度で海外ブランドの定番品に引けを取らない製品を出している。

 万年筆は筆圧がほぼ必要ないので長時間の筆記に向いており、疲れずに読みやすい文字が書けるツール。そこで、1万円以下と手ごろで完成度の高い万年筆を厳選。まずは前編として5000円未満の“スゴ腕万年筆”を紹介する。

子供から大人まで! パイロット「kakuno」

パイロット「kakuno」(1000円)。ペン先:ステンレス製、ペン種:F・M、インク供給:カートリッジ・コンバーター両用。カートリッジ1本付属。コンバーター別売り。カラーバリエーションはグレー軸に色違いのキャップ(オレンジ、ピンク、レッド、ライトグリーン、ブルー、グレー)とホワイト軸に色違い(ソフトピンク、ソフトブルー、ソフトバイオレット、ソフトイエロー)のキャップがある
[画像のクリックで拡大表示]

 パイロット「kakuno」は、ペリカン「ペリカーノ」やラミー「abc」といった欧州の子供が初めて使う万年筆として作られた製品をよく研究し、日本人用にブラッシュアップしたような製品。あまりに真面目に取り組んだせいか、海外ブランドの低価格万年筆にありがちな、細部の粗さやデザイン上のゆるさがなく、完成度がやたらと高い。使ってみれば分かるが、子供から大人まで、日常の仕事や勉強にすぐに使えてしまう万年筆なのだ。

 まず、万年筆としては珍しい六角形の軸とキャップに注目。軸は机に置いたときに転がりにくく、置いた状態から手に取りやすい。さらにキャップを付けなくてもペン先が紙に触れにくいので、気軽に机に置いておける。キャップには転がり止めの突起がさりげなく付いているうえ、上のほうにある窪みをつまめば着脱がラク。その窪みを使い、キャップを箸置きのようにしてペンを置くことも可能だ。

 ペン先に顔のような模様が刻印されているのも面白い。この顔が見える状態で三角形になっているグリップを人さし指と親指で握れば、自動的に正しい持ち方になる仕掛けだ。

 「日本語が書きやすい」と定評があるパイロットのペン先なので、クセのない安定した筆致でボールペン以上にスイスイと抵抗なく書ける。子供でも読めるように作られた丁寧な取り扱い説明書も出来が良く、本当に「初心者に優しい製品」なのだ。

パッケージにはペン種のF(細字)を大きく表示するなど工夫がある
[画像のクリックで拡大表示]
中には万年筆本体とカートリッジインク1本、子供にも読めるように作られた取り扱い説明書が入っている
[画像のクリックで拡大表示]
ペン先はスチール製だが書きやすい
[画像のクリックで拡大表示]
ペン先には顔の刻印。この顔と目が合うほうが正しいペン先の方向だ
[画像のクリックで拡大表示]
持つと自然と正しい握り方になるように作られたグリップ
[画像のクリックで拡大表示]
キャップを箸置きのようにペン置きにも使える
[画像のクリックで拡大表示]
筆記時のペンの見え方はこんな感じ。六角形の軸は角がうまい具合に手にフィットする
[画像のクリックで拡大表示]
実際に書いた筆跡例。これでF(細字)なので、M(中字)は、もっと太い
[画像のクリックで拡大表示]