フォトクリエイトの市岡麻美さん
[画像のクリックで拡大表示]

 市岡麻美さん(25歳)を“アイドル社員”と呼ぶのは適当じゃないかもしれない。ティーン誌の専属モデルとして芸能活動を開始。企業CMに何本か出演もしたが、大学卒業をきっかけに所属事務所を辞め、就職。イベント撮影や写真のインターネット販売を手掛けるフォトクリエイト(東京都新宿区)の営業職として、社会人のスタートを切った。平日は会社員、休日はセミナーの主催や講演会への登壇、ブログの更新をする。本人のスタンスはあくまでも会社員。休日の活動は、会社も認める“部活”のようなものだという。

 「中学1年生の時から5年間、ティーン誌のモデルをしていたんですが、身長が155cmと伸び悩み……。大学入学時に方向性を変えて演技の勉強を始めたのですが、演技があまり好きになれず、大好きだった撮影に関わる仕事がしたいと思い始めました」(市岡さん)

芸能活動をしていた頃の市岡さん
[画像のクリックで拡大表示]

 「写真に関わる新しいサービスを始めたい、自分の名前でビジネスをしたいという考えはありましたが、具体的にどうしたらいいのかは分からなかったですね。起業も頭になかったし、そもそも起業って何?という感じで(笑)。ビジネスについては、会社員を経験しないと分からないこともたくさんあるだろうと思い、就職することに決めました」(市岡さん)