とんがったデザインがウケている「TATSUMO(タツモ)」、4種類×4枚の16枚入り、450円+税。閉じた時のサイズは70mm×70mm(画像クリックで拡大)

 デスクの上に伝言メモが並んでいると、忙しいときはウッカリ見逃してしまうこともある。そこで登場したのが、2013年12月6日に欧文印刷(東京都文京区)が発売した「TATSUMO(タツモ)」だ。机やテーブルにナイフが突き刺さっているように見え、ドキッとさせる仕掛け。2014年1月中旬の展示会では「何これ?」「面白い。同僚に渡したら、オフィスの空気がなごみそう」「発想がユニーク」など意外性がウケて大好評だったとか。またユーザーからの問い合わせも多い。

 タツモは二つ折りにして使うので中に書かれた伝言が見えないので、プライバシーが守られるのも良い。なおかつ存在感が抜群なので、見落とされないというのもポイントだ。ナイフ、オノ、フォーク、カタナの4種類が4枚ずつ入った16枚入りで販売。商品開発時、それぞれの形を生かしながら、切れ込みの位置をどこにすればいいのか試作を重ねた。

 欧文印刷の広報担当者によると、真面目な商談のあとでも最後にこのメモを渡すと、取引先の担当者がアッと驚き、笑顔が出るそうだ。「インパクトがあるから、ナイフをうちのイメージキャラクターに置き換えてノベルティグッズとして使いたい」という企業からの引き合いも来ているという。「大人だけでなく、お子さんにも折り紙のように使ってもらえるのでは」(広報担当者)。オフィスだけでなく、プライベートでもいろいろな使い道がありそうだ。

 現在、アマゾン、Be-onで取り扱い中。

 

(文/志水京子)

関連リンク