ユーザー視点の辛口評価で好評の戸田覚氏による連載。今回はピクセラのテレビチューナー「PIX-DT350-PL1」を取り上げる。これがあれば、テレビ機能のないiOS端末でもテレビを見られるようになるわけだが、試作機を使ってみた戸田氏の感想は!?

 今回はピクセラのテレビチューナー「PIX-DT350-PL1」を取り上げる。iPhoneやiPadに外付けできる新製品だ。

 そもそもテレビ機能は、ガラケーの時代から当たり前のように搭載されていた。Androidスマートフォンでもテレビ機能を搭載している機種は少なくない。

 人によって頻度は異なるだろうが、スマートフォンがテレビチューナー搭載していたら、利用することもあるだろう。私はさほどテレビ好きではないのだが、屋外でたまに視聴している。釣りをしている際の休憩にニュースを見ることもあるし、ベランダなどで作業中に“ながら見”することもある。スポーツ好きな方が、電車の中で野球やサッカーの中継を視聴している姿もよく見かける。

 あれば便利なテレビ機能だが、iPhone、iPadは残念ながらこの機能を搭載していない。そこでPIX-DT350-PL1の出番。これをiPhoneやiPadに取り付ければ、テレビを視聴できるようになるのだ。特にiPadで視聴する際には、高画質なフルセグで見られるのがうれしい。

PIX-DT350-PL1ha,PIX-DT350-PL1は、コンパクトな外付けテレビチューナー。幅36.5×奥行き53×高さ15.4mm、約30g
[画像のクリックで拡大表示]
本体にはバッテリーを内蔵しており、側面には充電用のmicroUSBコネクターと、アンテナ入力端子を装備している
[画像のクリックで拡大表示]
LightningコネクターでiPhone、iPadに取り付けたところ。受信時はアンテナを伸ばす。ワンセグ、フルセグの両方に対応
[画像のクリックで拡大表示]