連載:意外と知らない、常識の“境界…

「箸」の境界線―今さら聞けない正しい使い方、魚料理の食べ方も

苦手な魚料理もこれで克服! 美しい魚料理の食べ方実践編

 箸の使い方になれている人でも、尾頭付きの焼き魚は食べにくくて苦手と思っている人は多いのではないだろうか。そこで、尾頭付きの焼き魚(鯛の塩焼き)と、意外と失敗しやすい甘エビとイカの刺身の食べ方を紹介しよう。これをマスターすれば、和食の会食も怖くない!

尾頭付きの焼き魚の食べ方

1.
魚の基本的な盛り付けは、頭が左、腹が手前。まず、魚の中央に、中骨に箸があたるくらいまで切れ込みを入れる。箸は必ず左から右へ動かす
[画像のクリックで拡大表示]
2.
尾の付け根をほぐす
[画像のクリックで拡大表示]
3.
上下のヒレ、エラを取り除く。そうすると、ヒレやエラについた小骨も一緒に取れて食べやすくなる。左手は魚に添えてよいが、手の汚れは必ず拭くように
[画像のクリックで拡大表示]
4.
上の身の上半分から食べる。左から箸を入れ、ひと口大に切り、持ち上げる。左から右へ身を取っていく。あちらこちらに箸を入れると、散らかった印象になってしまうので、食べ進める際には一定方向を守る。上半分を食べたら、同じように下半分を食べる
[画像のクリックで拡大表示]
5.
上の身を食べたら、残っている下のヒレを取り除く。小骨から身を少しずつ丁寧に取っていき、尾も一緒に取る。頬の裏にある身も取り出して食べる
[画像のクリックで拡大表示]
6.
中骨に身がつかないように気をつけながら、箸を中骨の下に入れ、尾の方にスライドさせながら中骨を浮かせる。頭と中骨を取り、中骨が二つに折れるようなら折って、皿の奥へまとめて置いておく
[画像のクリックで拡大表示]
7.
下の身を上の身と同様に食べる。ひっくり返して食べたほうが簡単だからといって、半身をひっくり返して食べるのはNG! 必ず中骨を取ってから下の身を食べるようにしよう
[画像のクリックで拡大表示]
8.
取り除いた骨やヒレは皿の奥にまとめて置いておくと美しい。鯛の場合は、中骨を二つに折り、ヒレ、エラを重ね、一番上に頭を乗せるとまとまりがよい
[画像のクリックで拡大表示]
9.
カレイの干物なども、鯛の塩焼きと同様の手順で食べ進めると、美しく無駄なく食べることができる。1から4までの手順で箸を入れたら身を食べていく
[画像のクリックで拡大表示]

この連載のバックナンバー

PR

  • 日経トレンディ 最新号案内

    日経トレンディ
    2017年8月号