近年、肌のトラブルを訴える人は増えている。乾燥が目立つ冬や、花粉症のシーズンは皮膚科を訪れる人が増える一方で、「体質だし、乾燥肌だから仕方ない」とあきらめてしまう人も多い。こうした肌のトラブル、実は「体質ではなく姿勢にある」と、新たに「アトピー発症機序理論」を提唱するようになった、ナビタスクリニック川崎の皮膚科専門医、山本綾子先生(日本皮膚科学会専門医)が、さまざまな皮膚病・肌トラブルについて解説する連載。
 4回目は、頭や顔に発症する、脂漏性皮膚炎についての前編。なぜ頭に症状が表れるのか、見ていきます。

どんなにシャンプーをしても頭からフケのようなものが出る

 アトピー性皮膚炎と並び、皮膚科を受診する人に多いのが、脂漏(しろう)性皮膚炎です。顔がカサカサして真っ赤になっていたり、どんなにシャンプーをしても頭からフケのようなものが止まらなかったり。浸出液(しんしゅつえき/黄色っぽい汁)が出るほどひどくなることもまれではありません。

 ステロイドの塗り薬を処方されると改善するものの、やめるとすぐに症状をぶり返す。そんな悩みを抱えるビジネスパーソンも決して少なくないはずです。

 実はこれも、「アトピーの湿疹はなぜその部位に出るか?」という湿疹のルールであるアトピー発症機序理論を応用すれば解決法が見えてきます。今回は特に、頭の脂漏性皮膚炎・慢性湿疹(アトピー性皮膚炎によるものも含める)を見ていきましょう。

ビジネスパーソンによくある脂漏性皮膚炎とは?

 頭部や顔面、腋窩(えきか/わきの下のくぼんだ部分)など皮脂分泌が盛んな部位(脂漏部位)や、頸部、腋窩部、陰股部など皮膚が密着して摩擦する間擦部(かんさつぶ)に起こる、カサカサや赤みを脂漏性皮膚炎と呼びます。皮脂分泌が多い状態になると、皮膚常在菌である真菌(カビ)により皮脂が遊離脂肪酸に分解され、それが皮膚を刺激し、炎症を引き起こすとされています。

 簡単に言えば、油っこくなりやすい顔(特に眉のあたりや鼻の脇~ほうれい線のあたり)や頭に生じやすい赤みやカサカサのことです(胸や脇に生じることもありますが、外来で診察していて圧倒的に多いのが、顔や頭です)。

 一般的には、ビタミンB2、B6の内服やステロイド外用、抗真菌剤外用で治療します(ステロイド外用の代わりにプロトピックを使うこともあります)。

 乳児期と思春期以後の成人がよく発症するのですが、乳児型と成人型では臨床経過が少し異なります。乳児型は生後2~4週くらいから起こり、多くは生後8~12カ月で自然軽快します。これは生まれたばかりの赤ちゃんは生理的に皮脂分泌が盛んなためです。程度の差はあれども、かなりの赤ちゃんに見られます。

 それに対し、成人型では、慢性かつ再発しやすいのが特徴です。

 ここでは、なかなか治らない成人型にフォーカスしましょう。

首の後ろの谷折り線

 症状が軽い人は、後頭部の首の付け根だけがかゆくなったり、カサブタ様のものができたりします。症状が広範囲になると、頭皮全体にフケのようなものができたり、浸出液(汁)が出たりします。本当にひどい場合、頭皮の炎症が強すぎて、その部位の髪の毛が抜けてしまうこと(脱毛)もあります。

 一般的に皮膚科ではステロイドのローションが処方されますが、いろいろな皮膚科を受診してもなかなかすっきり治らないというお悩みの患者さんがよく私を受診してくれます。

 そんな患者さんたちの首をよく診察してみると、このような特徴があります。

[画像のクリックで拡大表示]

 これは首の後ろの深いシワです。

 私がお腹に名づけた「谷折り線」(関連記事)と場所は違えど、そっくりです。「首の後ろの谷折り線」と呼んでいますが、お腹にできる谷折り線同様、「首をその場所で折り曲げていますよ」という証拠です。

 では、どのような姿勢でできてしまったシワかと言うと、

[画像のクリックで拡大表示]

 こんな姿勢を日常生活の中で知らず知らずによくやっている人がたくさんいるのです。実際、この写真の患者さんには、「このような姿勢をしてください」とお願いしたのではなく、「前を向いて普段通りに座ってください」と伝えただけです。ご本人も「これが自分の首?」と大変驚いていらっしゃいました。