おしゃれなパッケージ(別売210円)もあり、手土産などにも利用されている。専用ハンマーも小サイズ1170円、大サイズ2500円で販売中(画像クリックで拡大)

 ハンマーを使ってたたき割る食べ方が非常にユニークな、チョコレート菓子「SCHNEEBALLEN(シュネーバレン)」が、2013年9月に日本初上陸、百貨店の岩田屋(福岡市)で多い日には1日800個売り上げているという。

 シュネーバレンのルーツは、ドイツで300年以上前から伝わる伝統菓子「シュネーバル」。平麺のような細長い生地をボール状に丸めて油で揚げ、砂糖をまぶしたものや、チョコレートでコーティングしたものだ。やわらかい口当たりのこのお菓子を、韓国で大胆にアレンジ。多彩なフレーバーやコーンフレークのようなクリスピー食感、さらにハンマーでたたき割るという食べ方の演出を加えた。このアレンジが功を奏し、2012年には新世界百貨店(ソウル市)で、1日4000個、2カ月で10万個以上販売という爆発的な大ヒットとなった。

 そして昨年9月、韓国スタイルのシュネーバレンが福岡へ初上陸。またたく間に注目を集め、洋菓子フロアの中でもめざましい売れ行きとなった。その人気を受け、今年2014年2月から3月18日まで大阪三越伊勢丹(大阪市)に期間限定ショップが登場し、1日500個近く売り上げるなど話題を集めた。

 紙袋に入れたままハンマーなどで食べやすいサイズにたたき割ったあとは、袋から少しずつ取り出して食べる。「ハンマーで割るのが、目新しくて楽しい」「甘すぎない素朴な味わいが良い」「ポリポリ食べていたら止まらなくなってしまった」とリピーターも多い。チョココーティングタイプ6種類、パウダータイプ5種類の計11種類、各494円(4月1日より500円)。現在は岩田屋のみでの販売だが、関東地方をはじめ全国への出店も計画中。

(文/梶 里佳子)

関連リンク