年を取ると「男らしさ」は失われていく。残念なことだが、いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? この連載では第一線で活躍する専門家たちに、「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう。今回は男性にとって若さのバロメーターともいえる「精子力」について、獨協医科大学越谷病院泌尿器科の岡田弘主任教授に解説してもらう。

 年の差婚が増えている。少し古いデータだが、結婚相談所「アルパ青山」が2009年に同社で結婚に至った夫婦を調べたところ、「11歳以上の差」がある夫婦が46%もいたという。ほぼ半分だ。

 オヤジと若い女性の結婚が成り立つ背景のひとつに「子作り」の問題がある。女性は年を重ねるとともに妊娠が難しくなるが、男性はそうではない。50代で子どもを作る男性は珍しくないし、往年の名優・上原謙は71歳で、チャールズ・チャップリンは73歳で父親になっている。卵子と違って、精子は毎日作られるので古くならない。セックスさえできれば男は何歳になっても子どもを作れる――そう信じている人も多いだろう。

 ところが、実はそんなことはないらしい。「精子が老化する男と、老化しない男。我々の研究から、男性には2種類あることがわかった」と話すのは獨協医科大学越谷病院(埼玉県越谷市)泌尿器科の岡田弘主任教授だ。

 岡田教授の研究では20~40代の男性77人から精液をもらい、マウスの卵子に注入した。精子を注入された卵子は活性化し、核の形が変化するという。ところが、中には卵子を活性化できない精子もあった。

 「一部の男性は35歳から卵子を活性化させる力が落ちる。特に不妊に悩んでいる男性にそういう人が多かった」と岡田教授。卵子を活性化させる力とは、すなわち妊娠させる力。岡田教授はそれを“精子力”と呼んでいる。