ビジネスパーソンが注意するべき“病気”について、専門家に解説してもらうこの連載。「歯周病」はビジネスパーソンにとって、身近な「歯の病気」です。「たかが歯の問題だし……」と治療が後回しになりがちですが、放っておくとどうやら歯や口以外にも影響があるようです。つだぬまオリーブ歯科 院長 石川 聡 先生に解説してもらいます。

 ビジネスパーソンのステキな笑顔を奪う歯周病は、みなさんよくご存じの通り、細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です。

 まず、歯と歯肉の境目(歯肉溝)が清潔に保てていないと、そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)、歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりするようになります。ほとんどの場合痛みはないのですが、歯周病が進行すると、歯周ポケットと呼ばれる、歯と歯肉の境目が深くなります。すると歯を支える土台(歯槽骨)が溶けてしまいます。すると、歯はグラグラと動き、ひどいと抜歯……となってしまうわけです。

 最近では口臭や、全身の老化にもつながるとして、歯周病への注意が喚起されていますよね。

 ところがもっと広範な影響を与えることが分かってきており、歯の病気なのに全身疾患にも関係するということはご存じでしょうか?

 ここでは口の中の疾患、主に歯周病と全身の関係について、解説していきます。