“ワクチン後進国”と言われる日本の今のワクチン事情について、また、受けるべきワクチン、知っておくべきワクチン情報について、現役医師を中心に、Q&A方式で解説していく連載。今回はなぜか今、増えている「はしか(麻しん)」について、ナビタスクリニック川崎・自治医科大学附属病院 感染症科 法月正太郎先生に解説してもらいます。

 最近、「はしか(麻しん)」が再び注目を浴びています。

 2013年11月25日から2014年1月26日までに報告された発症件数は61件で、前年同時期の26件に比べて倍増しています。

 2007年、2008年のような大流行の兆しがあるのか? 我々は何をすべきなのか? 解説したいと思います。