財布は取り出して使っている時間よりも、ポケットやカバンに入っている時間のほうがはるかに長い。だから、ポケットやカバンの中で収まりの良いものが使いやすい。そして、そういう財布は使い勝手も良い。つまり、「コンパクトさ」が重要だということ。

 このところ、長財布、二つ折り財布、コインケースといったジャンルを問わず、“コンパクトな革財布”に注目が集まっているのは、その重要性に気付いたユーザーが増えているからだろう。これこそ、長い間抜本的に変化しなかった財布の“正しい進化”といえる。

 ということで、ここでは大人向きのコンパクトな財布を厳選して紹介する。

スーパークラシック「abrAsus 小さい小銭入れ」

スーパークラシック「abrAsus 小さい小銭入れ」(5800円)。色は写真のキャメルのほか、ブルー、ブラックがある
[画像のクリックで拡大表示]

 スーパークラシックの「薄い財布」から小銭入れ部分を独立させたようなスティック状コインケース。人差し指程度の大きさだが、これで999円(500円玉×1、100円玉×4、50円玉×1、10円玉×4、5円玉×1、1円玉×4)が入る。つまり、普通に生活するぶんにはそう簡単にはあふれないようになっているのだ。また、ふた側の裏にもポケットがあり、折り畳めば紙幣が2枚収納可能。つまり、このサイズで“立派な財布”になるのだ。

 とにかく細長いので、「硬貨の出し入れがスムーズ」とはいえない。ただ硬貨の枚数が8枚以下なら、適当に入れても中で硬貨が勝手に並ぶのは便利(枚数がそれを超えると少し並べ替えないとうまく収まらないこともあり、多少面倒くさい)。手元の硬貨がなるべく少なくなるように計算しながら使うのがコツだ。

 さらに背面がキーケースになっており、キーリングも付いているのでキーホルダーとしても使えるのも大きな特徴。背面のスリットにネジで固定したキーを2本まで収納できるのだ。このキーの収納方法がなかなかスマートで、キーがむき出しになることがなく、簡単に出し入れができる。何よりカギのサイズピッタリに作られていて、小銭入れと同様、ここまでミニマムに作られたキーケースは見たことがない。

 ポケットに入れると、小銭と紙幣とカギが入っているにも関わらず、ほとんど存在感がない。小銭もカギもジャラジャラと音がせず、コンパクトにポケットの隅に収まる。細長いスティック状だから、出し入れもスムーズだ。

 これは財布というより「キーケースに小銭も入っていたら、財布がなくても家に帰ることができるし、散歩ならこれだけ持っていれば大丈夫」といったエマージェンシー的なグッズだと思う。キーケースも根本的な機能とデザインに変化がないジャンルなので、これはコインケースというよりもキーケースのイノベーション的製品といえる。

 小銭を入れる部分はUSBメモリーやギターピック、メモ用紙など、カギと一緒に持ち歩きたい小物入れとしても使える。ポケットの中で邪魔にならないので、財布と一緒に持ち歩いても煩わしくないのが良い。

人差し指くらいの小さなスティック型コインケース
[画像のクリックで拡大表示]
開くと2つのポケットがある
[画像のクリックで拡大表示]
コインの収納例。こんなふうに重ねる方向をそろえて並べて入れるとかなりの量が入る。500円玉はあまり枚数を入れられない
[画像のクリックで拡大表示]
細く折り畳めば上部のポケットに紙幣も2枚ほど収納可能
[画像のクリックで拡大表示]
背面は一見シンプルだが、これがキーケースになっている
[画像のクリックで拡大表示]
金属のピンにカギを通せば内部にカギを2本まで収納可能。さらにキーリングにもカギが付けられる
[画像のクリックで拡大表示]
カギや小銭を入れてもコンパクトさは十分保たれている
[画像のクリックで拡大表示]