2013年12月20日、千葉市美浜区のJR海浜幕張駅近くに「イオンモール幕張新都心」が開業する。

 敷地面積約19万2000平米、総賃貸面積約12万8000平米、全長1.5キロの巨大ショッピングモールで、国内第3位の規模となる。イオンモールの旗艦店と位置づけられ、幕張メッセなど周辺施設の利用者も含めて広域商圏から年間3500万人の来場者を見込んでいる。

 モールは「大人」「ファミリー」「スポーツ&家電」「ペット」をキーワードに世代やライフスタイルで分けた4つの施設で構成。「夢中が生まれる場所」をコンセプトに、イオン幕張新都心店のほか、日本初上陸や新業態、千葉初出店184店舗を含む約360の専門店を集積した。

「体験」から新たな消費ニーズを呼び起こす

 最大の特徴は、「体験型施設」を多数導入したことだ。劇場、職業体験テーマパーク、特撮ヒーロー展示館などエンターテインメント施設だけでなく、物販エリアにも楽器演奏やピザ作り、スポーツ用品の試し打ち、自転車の試乗など、体験をウリにしたテナントがそろう。体験の場は、実に施設全体の3分の1にも及ぶ。

 「例えば自転車を売るだけでなく、サイクリング会を企画すれば、仲間ができて新しいウエアも欲しくなる。音楽なら聴くだけにとどまらず、楽器演奏やレッスン、発表会もしたくなる。ココでしかできない体験の場を提供することで、新たなニーズを呼び起こすのが狙い」(イオンモール広報)という。

 従来のショッピングモールは物販が主体で、イベントは土日の集客策の域を出なかった。しかし、昨今はネットでもモノが買える時代。モールにわざわざ足を運んでもらうには、買い物以外の楽しさを提供することが求められている。

 常に体験の機会や場を提供することでリピーターを増やし、新たなニーズを喚起して購買意欲を誘う。さらに、若いファミリーだけでなく、シニア世代も一緒に楽しい時間を過ごすことで親子3世代を取り込んでいく。体験や思い出づくり、絆づくりに重点を置いて随所に仕掛けを設けたのが同店というわけだ。イオンモールでは今後、同じコンセプトのモールを広げていく方針で、同店が試金石となる。

 ただ、5キロ圏内にある「三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAY」が大規模なリニューアルを行うなど、迎え撃つ側も仕掛け作りに躍起だ。体験重視のショッピングモールが消費の新たな主役となれるのか。注目施設を中心にレポートする。

敷地面積19万2000平米に4つのモールが配置された巨大ショッピングモール「イオンモール幕張新都心」。JR海浜幕張駅、新習志野駅、幕張本郷駅と結ぶ路線バス4路線を新たに走らせ、バス停も4カ所を新設した。駐車場は幕張メッセも含めて最大1万3000台収容。高速道路を使えば、都心から40分足らずでアクセスできる
[画像のクリックで拡大表示]
4つのモールは2階デッキで連結されているが、端から端まで歩くだけでも30分はかかる
[画像のクリックで拡大表示]
グランドモール1階「グリーンウォーク」の風の丘にはガーデンデザイナーの石原和幸氏が監修した立体庭園がある
[画像のクリックで拡大表示]
東京湾を一望できる屋上展望台「グランドテラス」からは夕陽を望め、夏は花火大会も楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
モール内は無料の巡回バスのほか、人力三輪車タクシー「シクロポリタン」でも移動できる。大人2人と子供1人まで乗車可能
[画像のクリックで拡大表示]
最大約1000人を収容する屋外ライブステージ「グランドスクエア」ではアーティストのライブなど多彩なイベントを実施。イベントスペースを全館に10カ所以上に設けた
[画像のクリックで拡大表示]
コストコホールセール幕張店にも隣接している
[画像のクリックで拡大表示]