「シカクいアタマをマルくする。」ゲームで大人が夢中

(C)NICHINOKEN
(C)IE Institute Co,.Ltd.
[画像のクリックで拡大表示]
(C)NICHINOKEN
(C)IE Institute Co,.Ltd.
[画像のクリックで拡大表示]

 小学生のいるご家庭におススメなのが、「シカクいアタマをマルくする。」というゲーム。

 手軽に勉強ができる学習支援ソフトで、基礎から応用までの問題を、約900問以上収録。電車の車内広告などで見たことがある人も多いと思われる、あの問題が、ゲームになっているわけです。なにせ、小学生のための中学受験塾「日能研」が監修ですから、親としては力が入っちゃいます!

 使い方は、まず「常識の書」「難問の書」で、難易度を選ぶところから(写真左)。常識の書では、中学受験にあたって押さえておくべき“基礎”となる問題が出題されます。難問の書では難関中学の受験入試突破を目標とした、“応用”の必要な問題が出題されます。

 レベルのやさしい常識の書の方を選ぶと(写真右)……総合的な勉強を効率的に楽しく学習できるよう、目的に合わせて2つのモードが用意されています。

 「学習」「日本全国町めぐり」という、ふた通りの遊び方を選ぶことができます。

(C)NICHINOKEN
(C)IE Institute Co,.Ltd.
[画像のクリックで拡大表示]
(C)NICHINOKEN
(C)IE Institute Co,.Ltd.
[画像のクリックで拡大表示]

 学習モードでは、「国語」「算数」「理科」「社会」の教科別が学べます。

 例えば「算数」を選ぶと、「1,4,9,16,25,…とならんだ数列があります。この数列の10番目の数は何かな?」

 ……って、む、難しいぞ、コレ! 小学生って、こんな難しい問題解くの!? ムムム……子どもに質問されても、答えられないぞ(汗)。

 大人も今一度勉強する価値あり、です。

 「弱点こくふく」という項目もあり……なんと過去の学習履歴から、間違えた問題を中心に出題してくれるんです。これはイイ! 実は、TVゲームだと、やったらやりっ放しになるのでは? と心配だったのですが、これなら復習もバッチリです。

 苦手な問題のほか、まだ学習していない問題も検索することができます。

 そしてひと通り学習したら、「テスト」にチャレンジ。各テーマに沿った問題が20問出題され、どれくらい身についたのか? をチェックすることができます。

 また「日本全国町めぐり」モードは、すごろく感覚で旅をしながら学習できるので、家族みんなで楽しむならこちらがオススメ。

 北海道は知床岬からスタート。全国各地で行われる予選を勝ち抜いて、クイズチャンピオンを目指します!

[画像のクリックで拡大表示]

 安田「よーし、クイズ王になるぞー!」
 息子「おー!」
 安田「第1問!“ハエのアタマはどれ? 答えをパネルからえらんでね”……って、えー!? わからん! ええっと、真ん中は仮面ライダーかなぁ? ……ううっ! わかりそうでわからん!」
 息子「(心配そうに)……ママぁ……だいじょうぶ?」
 旦那「左は蚊、真ん中はバッタ、右がハエでしょ」
 息子&安田「……パパぁ!」

[画像のクリックで拡大表示]

 私の頼りなさにしびれを切らしたのか、横で見ていた旦那さんが参戦。
 安田「ちがうよパパ!左じゃない?」
 旦那「いや、右だって!」
 家族みんなでやいのやいの言いながら、問題を解き進めていきます。

 雑学&クイズ好きの旦那さんは、次第に本気モードに突入(笑)。10秒という制限時間内に答えなければならないので、盛り上がります!

 問題を80%以上正解すると、次のマスへ進むことができ、ステージ最後の地域では、各地域のクイズ王と対戦。

 クイズで楽しみながら、しっかりお勉強できているのがイイですよね。中学入試にも対応し、大人も解き応えを感じる内容です。

 「中学受験って、こんなに難しいのかぁ」と実感(←というか、自信喪失)。

 親子のコミュニケーションを取るのにはもちろん、将来お受験を考えているご家庭でも、このソフトは活躍するのではないでしょうか?

お試しした3つのゲームはすべてリモコンで操作…初心者にもやさしい

(C)NTT Plala Inc. All rights reserved.
[画像のクリックで拡大表示]

 ほかにも子どもにオススメなのが、「カエサルジャンプ」というゲーム。

 ひかりTVのマスコットキャラクター「ひかりカエサル」が登場する、ジャンプアクションゲームです。

 ひかりカエサルをジャンプさせ、ステージの上へのぼっていくというシンプルなゲームで、操作も十字キー左右のみで簡単! 2人でも遊べるので、親子で対戦が楽しめます。

 「人生ゲーム×ひかりTV」や、「黒ひげ危機一発withひかりカエサル」など、昔から親しまれてきたアナログなゲームもあって……なんだかホッとした、母・安田……(笑)。

 クラウドゲームサービスという最新の仕組み(!?)のゲームということで、さぞかし難しいだろうと思い込んでしまっていたのですが、むしろゲーム初心者にもわかりやすくて、ファミリー向けのゲームサービスだと思いました。

 ちなみに安田、お試しした3つのゲームは、コントローラーを使わず、すべてリモコンで操作しました。これはゲーム慣れしていない年配の方でも、抵抗なく使えてよいなぁと思います。

 しかも画面がきれい! ハイビジョン対応なので、野球ゲームなどはスゴイ臨場感です。