気候はすっかり秋シーズン。台風もやってきていますが、肌寒い風を感じるたびに、少しずつ「鍋」が恋しい季節になってきました。

 「家族団らん」「あったか鍋」がこれまでのスーパーなどでの店頭販促の主流でしたが、今年は少し様相が変わってきています。これまでにも言及してきたように、日本の世帯構成では“おひとりさま”が一番多い形態であり、「一人鍋」というニーズも着実に上がってきているのです。

 それを見据え、最近では各社から「一人鍋向きの鍋スープの素」が発売されています。

味の素のキューブ状鍋調味料「鍋キューブ」は「濃厚白湯(パイタン)」「鶏だし・うま塩」「よせ鍋しょうゆ」「ピリ辛キムチ」の4種類
[画像のクリックで拡大表示]
エバラ食品「プチッと鍋」は「キムチ鍋」「寄せ鍋」「白湯鍋」の3種類
[画像のクリックで拡大表示]

 そうはいっても、「やっぱり大きな鍋で大量に作るほうがおいしいんじゃないの?」といった声が聞こえてきそうなので、実験をしてみました。さて、その実験内容とは?