年を重ねるごとに失われていく「男らしさ」。いつまでも若い頃の外見・体力・健康は保てない。それを防ぐにはどうすればいいのか? 第一線で活躍する専門家たちに「男のアンチエイジング」の最先端を解説してもらう連載の第9回目は、睡眠障害について、睡眠科学の第一人者として知られる睡眠評価研究機構の白川修一郎代表に解説してもらう。

 いつまでも若さと健康をキープするには、正しい食生活と運動の習慣、そして睡眠が大切だ。日本のビジネスマンが24時間働いていたバブルの頃は「忙しくてさ~、昨日2時間しか寝てないんだよ~」なんてドヤ顏で話す男性諸君が後を絶たなかったが、今の時代、「寝てない自慢」は仕事が遅いことの告白になりかねない。

 ところが、やはり日本人は寝ていない。OECD(経済協力開発機構)の2009年の報告では、加盟18カ国中、日本は韓国に続いて2番目に睡眠時間が短かった(下記グラフ参照)。中でも問題は中高年世代だ。2010年にNHKが行った「国民生活時間調査」によると、日本人の平均睡眠時間は7時間14分。他の年代はすべて7時間以上寝ているのに、男女とも40代と50代だけが6時間台で、全体の足を引っ張っている。

加盟18カ国中、日本は韓国に続いて2番目に睡眠時間が短い(OECDの2009年の報告より引用)
[画像のクリックで拡大表示]

 「望ましい睡眠時間は6時間半から8時間。5時間を切る日が続くと、脳はチューハイを2~3杯飲んだときと同じくらい機能が低下する」と指摘するのは、睡眠研究の第一人者として知られる睡眠評価研究機構の白川修一郎代表だ。