横浜・野毛は、お酒好きのパラダイス。600軒近い飲食店がひしめき、界隈には場外馬券売り場もストリップ劇場も擁する。風俗街も近い。いわゆる“オトコ”の領域だ。酔っぱらったオヤジがたむろする飲み屋街など、一般女性には縁のない場所――だったのだが、変化が起きている。女性客が増え、スナックのママではない女性店主が進出し始め、テレビや雑誌では「野毛は女子力が上がった」と報じているのだ。一体、おっさんの街で何が起きているのか?

もともと野毛は“おっさんがたむろする飲んだくれ”の街

 横浜の野毛は、終戦直後に闇市でにぎわった下町。横浜大空襲で焦土と化した街に出現した露店がズラリと並び、“ないはずのモノ”がなんでも買えた。この地は、闇市の時代が商業地としての全盛期。野毛が最も輝いた時代といわれる。やがて統制経済が終わり、露店が撤収され、横浜のほかの街の復興と発展が進むと、野毛は徐々に衰退していった。

 「野毛地区」と呼ばれるのは、JR桜木町駅から京浜急行日ノ出町駅までの間で、南は大岡川、北は横浜市中央図書館あたりまでの一帯。現在、600軒近い店がひしめく一大飲食店街が広がり、裏手の薄暗い路地にはスナックやバー、小料理屋などが軒を連ねる。酒飲みオヤジの心をくすぐる昭和の横丁といった感がある。

「横浜野毛飲食店マップ」からの転載(資料提供:野毛地区振興事業協同組合)
[画像のクリックで拡大表示]

 「もともと“酔っぱらいのおっさんがたむろする飲んだくれの街”といったイメージがありますよね」。野毛でバー「BAR GIMME!GIMME!GIMME!」を経営し、野毛の若いオーナーが参加する「野毛未来研究所」の広報役を務める、株式会社オン・ザ・コーナーの清(せい)義明さんはこう話す。筆者の友人で酒好きの男(50代)も、「野毛は(タンクトップではない)ランニングシャツか、ジャージの上下が似合うね。野毛に愛着を感じる。近くに住みたい」とまでいう。

女子も“よそ行きではない服とベタ靴”が似合う街

 ところが、そんな“おっさんの聖地”が、「7~8年前から少しずつ変わっていった」と清さん。たしかに、フツーの女の子が何人もぷらぷら歩き、ホッピーのケースを逆さに積み上げた店先の簡易テーブルで、若いカップルや女性グループが上機嫌で飲んでいる。女子もテキトーな格好というか、“よそ行きではない服とベタ靴”が似合う街だ。

9月、土曜の夜の野毛小路で。女子同士、「ベタ靴」で飲みに来る
[画像のクリックで拡大表示]
おっさんが好きそうな看板
[画像のクリックで拡大表示]
有名らしい看板
[画像のクリックで拡大表示]
女子会も宴たけなわ
[画像のクリックで拡大表示]