(C) 吉本興業株式会社
[画像のクリックで拡大表示]

 監督デビュー作の『大日本人』(2007年)以来、『しんぼる』(2009年)、『さや侍』(2011年)と、映画を作り出すたびに「さすが、松ちゃん!」という絶賛の声がある一方、「映画じゃない」「駄作」といった批判の声も浴びるなど、物議を醸している松本人志監督。彼の4作目となる『R100』は、過去3作に負けないくらいに物議を醸しそうだ。

 そもそも本作は、2013年1月10日にクランクインし、4月8日にクランクアップと、比較的新しい作品。5月13日には報道陣向けに製作発表会見が開かれ、松本監督をはじめ大森南朋、大地真央、寺島しのぶ、片桐はいり、冨永愛、渡辺直美、前田吟、松尾スズキ、渡部篤郎といった豪華キャストが登壇したが、その際に松本自身が「あんまりしゃべれないんですけど」と語るなど、作品については謎だらけで終わる会見となった。

 その後、7月終わりには、女優陣が露出度高めのボンデージ衣装に身を包んだビジュアルと予告編が解禁となったものの、そこでわかったのは、女優陣の露出度が高いことと大森扮する主人公が謎めいた秘密クラブへ入会したらしいということ。一体、どんな映画なのか? 本編を見るまでまったく想像できない。それがこの『R100』に対する印象だ。

 映画を見終えた今は、もちろん、どんな映画か理解しているのだが、ネタバレになってしまうため、書けないシーンも多い。そんな本作を、少しでも理解してもらうために、ネタバレを避けながらご紹介していこう。

(C) 吉本興業株式会社
[画像のクリックで拡大表示]