今回のお題は、ソニーの高級コンパクトデジカメ「Cyber-shot DSC-RX100M2」(RX100II)だ。2012年6月に登場して大ヒットした「Cyber-shot DSC-RX100」(RX100)の後継モデルで、1型の大型CMOSセンサーを裏面照射型に変更したのが大きな変更点だ。ほかにも、背面の液晶モニターをチルト式に変更し、クリップオンストロボなどを装着できるアクセサリーシューを新たに備えた。RX100を日々持ち歩いて使いこなしている落合カメラマンは、RX100IIの改良点に興味津々の様子だが、どこか引っかかるところがあって衝動買いにはいたっていないという。

 ニューモデル(RX100II)の仕様を見た瞬間、感謝と安堵と焦燥と落胆がゴチャゴチャになったことを思い出す。およそ1年、RX100を使い続けてきた身には、RX100に対し物足りなさを感じていた部分が巧みにフォローされたRX100IIの作りに「こりゃ買い換えなきゃなー」という衝動的な思いが生じるとともに、「いや、ちょっと待てよ。撮れる写真には、ひょっとしたら大した違いはないんじゃないか?」という冷静な判断も同じような勢いで沸き上がってきたのだ。自分が愛用しているカメラのモデルチェンジ(マイナーチェンジ)に際し、こんなふうに両極端な思いが錯綜するってのは珍しい。私は基本「欲しけりゃ買うっきゃないでしょー!」の悲しき単細胞人間なので、一歩踏み出す前に「いや、ちょっと待てよ」と立ち止まることなんて、これまでほとんどなかったのだ。

落合カメラマンが愛用している「Cyber-shot DSC-RX100」(手前)と、改良を施して登場した「Cyber-shot DSC-RX100M2」(右奥)。DSC-RX100M2の実勢価格は7万円前後。DSC-RX100も継続販売しており、実勢価格は5万円前後
[画像のクリックで拡大表示]

 RX100を思いのほか一生懸命使い続けてきたからこその葛藤なのかもしれない。ここに掲載した新旧ツーショット製品写真を見ての通り、私が所有する「旧型」(手前)はすでにズタボロ。カメラって、あくまでも写真を撮るための道具なので、後生大事に腫れ物に触るかのごとく扱うなんてことはせず、でも、もちろんわざと乱暴に使っているワケでもないのだけど、1年間ほぼ毎日、首から下げて持ち歩いていると、RX100はこんなカッケェ状態になっちゃうのであった。たった1年でこれって、ちょっとカッコ良すぎな感じもするけれど(笑)。

上部にシューを新設し、電子ビューファインダーが装着できる点を評価

 さて、RX100IIの“うらやましいポイント”なのであるが、そのひとつはマルチインターフェースシューの装備だ。個人的には、そのシューにEVF(電子ビューファインダー)が装着できるようになったこと一点のみを評価しての「うらやましいじゃねぇか!」ポイントである。

 純正の電子ビューファインダーキット「FDA-EV1MK」の実力は、上位機種のRX1で使用して確認済み。高価なキットなのだけど、それなりの価値がちゃんと備わるEVFだと思っている。それがRX100IIでも使えるようになったというのは、とても魅力的な“進化”に思えたのだ。

Cyber-shot DSC-RX100M2は、本体上部にマルチインターフェースシューを新たに装備した。オプションの電子ビューファインダーだけでなく、一眼レフ用のアクセサリーも利用できるようになった
[画像のクリックで拡大表示]

 このサイズのコンパクトカメラとしては飛び抜けて精細な写真が撮れるRX100で何が不満だったかというと、スローシャッターを切るときに安定感が得にくかったところ。手ぶれ補正機能は内蔵するけれど、せっかくの描写力をどんなときにも存分に発揮させようとした場合、EVFを併用しての「ガッチリした構え」が欲しくなることが少なくなかったのだ。その点が、RX100IIではクリアできるようになったというワケ。それだけでも買う価値はあろうというものだ。

 でも、問題もなくはない。サイズ的なバランスだ。RX1に装着しても少々大きく感じられたEVFは、RX100IIのボディーには正直デカすぎる。私のように「RX100は、首から下げて常時携帯するためのカメラ」という判断をしていると、なおさらだ。だからといって、必要に応じてEVFを脱着するという使い方になじめるとは到底、思えない。ううむ。機能的には満点なのに惜しい。ジツに惜しい!

 もうひとつ、背面のモニターにチルト機構が備わったところもかなりうらやましい。デジカメとしての魅力が明確に向上するとともに、今後コンデジが生き残るために残された数少ない要素のうちのひとつが備わったともいえるからだ。ただ、そのあおりを食いボディーの厚みが増している点と、RX100とRX100IIを両方持って比べると確かに重くなっていることが実感できてしまう点はチト残念。チルト機構がもたらす利便性の向上を思えば、蛙の面に水のごとき些細なおデブ化ではあるのだが…。

背面の液晶モニターはチルト式に進化。RX100と比べて本体はわずかにぶ厚くなったが、RX100ユーザーにとってはうらやましい進化といえる
[画像のクリックで拡大表示]
モニターがチルトするようになったので、ちょっと変わったアングルでの撮影がしやすくなった。これはうれしい“進化”だ。一方、ワイド端ではググッと寄れる(約5cm)けどテレ端では意外に近づけない(約55cm)最短撮影距離はそのまんま。私の場合、RX100を使っていると、ワイド端以外で寄ろうとして「ピントが合わねぇぇ~」ってアタフタしちゃうことが案外、多かったりする(28mm相当、ISO160、1/100秒、F2.8)
[画像のクリックで拡大表示]
ワイド端での撮影。画面端ギリのところに一部、甘さを見せる部分はあるものの、コンデジレベルをはるかに超える描写に思わずニヤリだ。とりわけ、樹木の「葉」の精細な再現は、より小さなセンサーを搭載するほかのコンデジには、まずマネできないであろう部分。一昔前の高画素一眼レフを超える描写力だともいえる。RX100(II)の魅力って、ジツはとても単純明快なのだ(28mm相当、ISO160、1/800秒、F4.0)
[画像のクリックで拡大表示]
一眼レフであろうとコンデジであろうと、デジカメのセンサーはバランスを崩さぬ範囲で目一杯、大きいほうがやっぱり良い…そんなことを思わずにはいられない、立体感にあふれる仕上がりに大満足。このときのISOオートによる感度設定はISO400だったのだが、さすがは1インチセンサー。そんな感度は屁でもないとでも言いたげな滑らかな描写だ(28mm相当、ISO400、1/160秒、F4.0、-0.7露出補正)
[画像のクリックで拡大表示]