地下1階はエリアを「魚」と「肉」に分け、“進化した日本食”を提案

 地下1階の飲食ゾーンはエリアが「魚」と「肉」に分かれているのが特徴。駅を利用する旅行者を意識し、機内食をイメージしたという。店舗ラインアップも寿司、天ぷら、すき焼き、焼き鳥、トンカツなど、魚と肉を日本ならではの多彩な料理法で楽しめる構成となっている。

 ここでの注目は「山形酒菜一(やまがたさかないち)」。東京初進出となる山形の和食店だが、驚くのは酒の品ぞろえ。地元の酒造組合やワイナリーのバックアップを受け、「上喜元(じょうきげん)」「十四代」「くどき上手」といった日本酒、タケダワイナリーのワインなど、山形の希少な酒を手ごろな価格で楽しめるのだ。

 さらに、寿司店を展開する企業が魚介をふんだんに使った天ぷらやイタリア料理を出したり、人気ラーメン店が自慢のスープを使った小龍包を出したりといった試みも面白い。福寿園の“ふれんち茶懐石”もそうだが、日本食の強みを生かして“進化した日本食”ともいえる新ジャンルに挑戦している点がユニークといえるだろう。

地下1階フロアは「魚」と「肉」でゾーン分けしているというが、店の並び方が変則的なので分かりにくい印象
[画像のクリックで拡大表示]
寿司店「魚がし日本一」などを展開するにっぱんのイタリアンレストラン「ヴィットリオ ポモドーロ ツキジ」。1つのメニューに複数の種類のエビが使われるなど、魚介類をふんだんに使っているのが特徴
[画像のクリックで拡大表示]
下高井戸に本店をもつ寿司店「旭鮨総本店」が手がける「天ぷら 天喜代」。「大江戸天丼」(左)や「天玉あられ丼」(右)は卵の黄身を半熟に揚げた天ぷらが入っている
[画像のクリックで拡大表示]
山形の料理店「山形酒菜一(やまがたさかないち)」が東京初出店。日本海直送の魚介類はもちろん、「上喜元(じょうきげん)」「十四代」「くどき上手」といった日本酒やタケダワイナリーのワインなど山形の希少な酒を手ごろな価格で楽しめる
[画像のクリックで拡大表示]
老舗すき焼き専門店「浅草今半」では浅草限定だった「百年牛丼」が店内で食べられるのに加え、弁当としてテイクアウトも可能
[画像のクリックで拡大表示]
人気ラーメン店「どうとんぼり神座(かむくら)」のスープを小龍包で楽しめる「神座飲茶楼」
[画像のクリックで拡大表示]
グランルーフのオープンに合わせ、地下1階の旧キラピカ通りが「グランルーフ フロント」にリニューアル。バルやフレンチビストロなどが出店
[画像のクリックで拡大表示]

(文/山下奉仁=日経トレンディネット)