ゆったり過ごせる1~3階、注目は福寿園の“ふれんち茶懐石”

 飲食フロアのなかでも、1~3階はカフェやレストランなど、広々としてゆったりと過ごせそうな店が多いのが特徴。

 なかでも注目は「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」だろう。お茶の老舗・福寿園が茶懐石(茶の湯の席で茶を飲む前に出す料理)をフランス料理にアレンジしてコース料理で提供する。そのほか、築地の料亭「竹若」が手がける、米をテーマにしたバルと健康志向のカフェレストランも面白い。

南側の1~3階部分に広めのカフェやレストランが集まる
[画像のクリックで拡大表示]
「ふれんち茶懐石 京都 福寿園茶寮」は茶懐石をフランス料理にアレンジして提供。内装は京都の王朝文化をイメージ
[画像のクリックで拡大表示]
築地の料亭「竹若」が手がける「ウォルプタス オリーブオイルダイニング トーキョー」。オリーブオイルを主体とした健康志向のカフェレストラン
[画像のクリックで拡大表示]
地上に面した1階部分に入口がある2店舗は1階と中2階の2層で展開
[画像のクリックで拡大表示]
「東京 米 BARU 竹若」は米を前面に押し出した料理が楽しめるバル。1階は物販、中2階にカウンターがある
[画像のクリックで拡大表示]
「R.L(エール・エル)ワッフル カフェ」は神戸のワッフル専門店「エール・エル」が手がける関東初のカフェ。こちらも1階が物販、中2階がカフェスペースになっている
[画像のクリックで拡大表示]