Wi-Fi、NFC、無線LAN……便利さを求めて無線を使うシステムが氾濫している。そこでこの連載では、それぞれの仕組みやメリットを整理・説明する。(編集部)

 最近では、「無線」といえば「無線LAN」を連想する人が多いのではないだろうか。無線LANは文字通り、ケーブルを使用せずにインターネット回線に接続する仕組みのこと。ノートパソコンをいろんな部屋で使うために自宅に導入している人もたくさんいるはずだ。「うちはWi-Fiなんだけど、無線LANとは違うの?」などと思っている人もいるかと思う。

 そこで今回は、無線LANの仕組みやWi-Fiとの違いなど、基本中の基本を解説したい。

無線LANの接続には「親機」と「子機」が必要

 家庭や会社でパソコンなどが通信回線でデータのやり取りをするネットワークをLAN(Local Area Network)という。「有線LAN」は、パソコンとルーターをケーブルで接続してLANを構築する。「無線LAN」は、ケーブルの代わりに電波を使ってLANを構築するものだ。

 無線LANの構築には、「親機」と「子機」が必要になる。一般的に、親機は「無線LANルーター」のことを指す。ADSL回線や光回線などのブロードバンドモデムに接続して、インターネットと家庭内のネットワークを中継し、家庭内でインターネットを使用するための通信機器だ。シンプルに言い換えれば、インターネットの中継役といえる。

 子機は、親機と電波通信する機器のこと。最近は、パソコンなどに子機が内蔵されていることが多く、親機を用意すれば無線LANを利用することができる。

無線LANはケーブルが不要なので、家中のどこからでもインターネットに接続できる