“ワクチン後進国だ”といわれる日本の今のワクチン事情について、また、受けるべきワクチン、知っておくべきワクチン情報について、現役医師を中心に、Q&A方式で解説していく連載。2013年は風疹が大流行し、社会的にも「先天性風疹症候群(Congenital Rubella Syndrome: CRS)」が大きな問題となっています。この大流行には成人のワクチン未接種問題が大きく影響しているわけですが、2008年、2010年に大流行し、毎年感染者が報告される「百日咳」も、やはりワクチンの接種状況が大きくかかわっています。今回は百日咳とワクチンについて、ナビタスクリニック立川院長 久住英二先生に解説してもらいます。

 「妊娠したら打たなければならないワクチンがある」という話は聞いたことがありますか? こういうと、まるで妊婦さえワクチンを接種していればいいと思うかもしれません。実際はそうではなく、例えば2009年の新型インフルエンザ騒動のとき、妊婦はワクチンの優先接種対象者だったと記憶している人もいるかもしれませんが、妊婦・胎児を守るために、「妊娠したら打つべきワクチン」があるということなのです。

 ただし、妊婦はなんでもかんでもワクチンを接種していいわけではありません。妊娠したら接種すべきワクチンと、妊娠中には接種できないワクチンがあります。

 そこで今回は、妊婦が優先的に受けるべきワクチンの1つでもある、百日咳ワクチンについて解説します。