30代、40代を中心とした働き盛りのビジネスパーソンが今、注意すべき病気について、専門家に解説をしてもらう連載。風疹の大流行は妊婦にもその子供にも重大な影響を与えていますが、実は危険なのは風疹だけではないのです。いまこそ予防接種を受け、感染拡大を防ぐべき感染症、水痘・帯状疱疹について、ナビタスクリニック川崎自治医科大学附属病院感染症科 法月正太郎先生に解説してもらいます。

 10歳までに90%以上の人が感染する水痘(みずぼうそう)。子どもの病気でブツブツが出て、自然に良くなることが多いため、怖い病気というイメージがないかもしれません。1回感染すれば免疫もつき、基本的に2度感染することはありません。

 だから大人には関係ないと思っている人も多いでしょう。でもこれは、実は大きな間違いです。

 免疫のない妊婦が感染すると、今流行している風疹と同様、お腹の赤ちゃんが先天性水痘症候群になるおそれがあり、大人も重症化しやすいことが知られています。また、子供の頃に水痘に自然感染してしまうと、免疫力が低下した時や高齢になると発症する帯状疱疹の原因になります。

 同じ空間にいただけでほかの人に感染させてしまう、水痘・帯状疱疹ウイルス(Varicella zoster virus; VZV)について今回しっかり学びましょう。